第155回:「反・装飾系男子」が許す唯一のクルマ用品

2010.08.14 エッセイ

第155回:「反・装飾系男子」が許す唯一のクルマ用品

女性に「ひく」瞬間

日本では、携帯電話などにステッカーやラインストーンで装飾を施すカルチャー、いわば「デコ」が相変わらず健在である。いっぽうボクはというと、そのまったく逆で、装飾物を付加することにどうも抵抗がある。
女性が取り出した携帯にハートのパーツやギンギラのステッカーが貼りまくってあったり、けばけばしい携帯ストラップがぶら下がっているのを見た途端、持ち主がどんなに美人であろうとひいてしまう。

もちろん他人がどのような装飾をしようと自由であるし、女性に対して「携帯にシールをベタベタ貼るな!」と説教する勇気など、とうてい持ち合わせていない。

しかしボクの考えはこうだ。携帯メーカーのデザイナーは新製品の材質や質感を日々模索している。そして社内には新しいマテリアルを探す部署があって、デザイナーの希望をかなえるため、日々飛び回っている。
彼らはあるときは精神的に追い詰められながら、またあるときはプロ生命を懸けて仕事をしている。自分の勤めている会社が携帯電話の業務を縮小してしまった際、それでも携帯のデザインをやりたかったため韓国メーカーに移籍してしまった人だっている。
携帯は、そうして作られた汗と涙の結晶なのである。ステッカーを貼ったり、不釣合いな携帯ストラップを下げることはどうもできない。
ただし、「工場出荷状態が命!」と言っているわけではない。画面の保護シールは、買った途端ペロッとはがしてしまう。メーカーが誇る液晶のスペックに敬意を表するためである。

昨年あたりからイタリア人女性ドライバーに流行している「ひまわり」。
昨年あたりからイタリア人女性ドライバーに流行している「ひまわり」。
ぬいぐるみは万国共通。
ぬいぐるみは万国共通。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。