【スペック】全長×全幅×全高=4790×1935×1815mm/ホイールベース=2915mm/車重=2310kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(211ps/3400rpm、55.1kgm/1600-2400rpm)/価格=814万円(テスト車=882万7750円/ガラス・スライディングルーフ=19万4250円/ラグジュアリーパッケージ=49万3500円)

メルセデス・ベンツML350ブルーテック 4マチック(4WD/7AT)【試乗記】

経験のなせる業 2010.08.13 試乗記 メルセデス・ベンツML350ブルーテック 4マチック(4WD/7AT)
……882万7750円


メルセデスの新しいディーゼルモデルが「Mクラス」にラインナップ。重量級ボディを持つ高級大型SUVの、走りと乗り心地を試す。

ディーゼル車のイメージ

ディーゼルエンジンを誤解している日本人はまだまだ多い。さすがに黒煙と騒音をまき散らしていると思う人は減ったようだが、一部の自動車メディアが「速くて静かで燃費がいい」とホメちぎった結果、環境性能ではガソリン車をはるかにしのぎ、ハイブリッドカーに匹敵すると信じるユーザーがいる。
しかしディーゼル先進国ヨーロッパの状況を見れば、間違いに気づくはずだ。現地の自動車がすべてディーゼルかというとそうではなく、ガソリン車も半分近く走っているし、メーカーはハイブリッドカーの開発に躍起になっている。

いまの日本はなんでも白黒つけようとする風潮にあるが、ディーゼルとガソリンでは特性が大きく異なっており、優劣をつける関係にはない。現に欧州のユーザーは特性の違いを理解し、目的や用途に合わせて選択している。
「メルセデス・ベンツML350 ブルーテック 4マチック」に乗って、そんな現状を思い出した。

パワートレインは同じメルセデスの「E350ブルーテック」と同じで、3リッターV6直噴ディーゼルターボエンジンと7段ATを搭載する。211ps/3400rpmの最高出力、55.1kgm/1600-2400rpmの最大トルクも共通だ。
ガソリン3.5リッターV6を積む「ML350」の同数値は、272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpmだから、パワーは下回るものの、トルクでははるか上を行く。ただし車両重量は2290kg(テスト車はガラススライディングルーフ装着の為、2310kg)と、同じエンジンを積む「Eクラスステーションワゴン」より230kg、ガソリンの「ML350」より170kg重い。

オプションの「ラグジュアリーパッケージ」は、本革シート、ウォールナットウッドインテリアトリム、前席メモリー付パワーシート、前席電動ランバーサポート、電動チルト&テレスコピックステアリング、イージーエントリー、リバースポジション機能付ドアミラー、EASY-PACK自動開閉テールゲートで構成される。
オプションの「ラグジュアリーパッケージ」は、本革シート、ウォールナットウッドインテリアトリム、前席メモリー付パワーシート、前席電動ランバーサポート、電動チルト&テレスコピックステアリング、イージーエントリー、リバースポジション機能付ドアミラー、EASY-PACK自動開閉テールゲートで構成される。

メルセデス・ベンツML350ブルーテック 4マチック(4WD/7AT)【試乗記】の画像
「ML350ブルーテック」には、専用デザインの19インチ5スポークアルミホイールやステンレス製サイドステップが標準装備される。
「ML350ブルーテック」には、専用デザインの19インチ5スポークアルミホイールやステンレス製サイドステップが標準装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る