【スペック】全長×全幅×全高=4730×1780×1490mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(285ps/6000rpm、35.7kgm/2000-5600rpm)/価格=402万9900円(テスト車=448万1400円/マッキントッシュサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=42万円/サテンホワイトパール(有料色)=3万1500円)

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】

いつも、スポーツ 2010.08.12 試乗記 スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)
……448万1400円
STIが手がけた、特別な「レガシィB4」に試乗。開発コンセプトの「Sport, Always!」をMTモデルで味わった。

中身で勝負

「レガシィ2.5GT tS」は、「レガシィツーリングワゴン/B4」の最上級グレード「2.5GT Sパッケージ」をベースに、STI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけたコンプリートカーだ。エンジンはノーマルのまま、シャシーのチューニングと装備の充実を図ったのが特徴で、BMWの「Mスポーツ」やアウディの「Sライン」に似た位置づけである。

ただし、tSのシャシーチューニングは、単にスプリングとダンパーを変えるのではなく、「フレキシブルドロースティフナー(フロント)」「フレキシブルサポート(リア)」「フレキシブルタワーバー(フロント)」といったパーツにより、タフなボディに仕上げたところが大きく違う。つまり、MスポーツやSラインよりも手が込んでいるのだ。こうした装備によって、ハンドリング性能を一段と向上させようというのがtSの狙いである。

エクステリアの変更が少ないのも特徴のひとつだろう。専用のフロントアンダースポイラーやルーフスポイラー(ツーリングワゴン)/トランクスポイラー(B4)、そしてエンブレムだけの違いだから、これでベースモデルより70万1400円も高い限定車とは、ほとんどの人は気づかないはずだ。

「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。
「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る