クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4730×1780×1490mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(285ps/6000rpm、35.7kgm/2000-5600rpm)/価格=402万9900円(テスト車=448万1400円/マッキントッシュサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=42万円/サテンホワイトパール(有料色)=3万1500円)

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】

いつも、スポーツ 2010.08.12 試乗記 スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)
……448万1400円
STIが手がけた、特別な「レガシィB4」に試乗。開発コンセプトの「Sport, Always!」をMTモデルで味わった。

中身で勝負

「レガシィ2.5GT tS」は、「レガシィツーリングワゴン/B4」の最上級グレード「2.5GT Sパッケージ」をベースに、STI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけたコンプリートカーだ。エンジンはノーマルのまま、シャシーのチューニングと装備の充実を図ったのが特徴で、BMWの「Mスポーツ」やアウディの「Sライン」に似た位置づけである。

ただし、tSのシャシーチューニングは、単にスプリングとダンパーを変えるのではなく、「フレキシブルドロースティフナー(フロント)」「フレキシブルサポート(リア)」「フレキシブルタワーバー(フロント)」といったパーツにより、タフなボディに仕上げたところが大きく違う。つまり、MスポーツやSラインよりも手が込んでいるのだ。こうした装備によって、ハンドリング性能を一段と向上させようというのがtSの狙いである。

エクステリアの変更が少ないのも特徴のひとつだろう。専用のフロントアンダースポイラーやルーフスポイラー(ツーリングワゴン)/トランクスポイラー(B4)、そしてエンブレムだけの違いだから、これでベースモデルより70万1400円も高い限定車とは、ほとんどの人は気づかないはずだ。

「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。
「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。 拡大

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大

通好みの味付け

一見地味なtSだが、運転席からの眺めはいつものレガシィとはまるで別の印象だ。センターパネルが明るいシルバーからブラックに変更されたのが効いている。ルーフライニングもダークカラーに。アルカンターラと本革のコンビシートや、やはりアルカンターラのドアトリム、各所に施された赤いステッチなどのおかげで、実にスポーティな雰囲気に仕上げられている。

背中をやさしく包み込む専用シートに身を委ね、レッドのスターターボタンを押してエンジンを始動。STI製スポーツマフラーがノーマルよりも少し勇ましいサウンドを発している。さっそく走り出すと、すぐに足腰の違いが伝わってきた。ベースモデルでも高いボディ剛性を誇るレガシィB4だが、tSはさらにシャキッとした印象を受けるのだ。サスペンションは少し硬めに味付けられているが、快適さが損なわれていないどころか、ノーマルモデルよりもむしろ快適なほど。さらに、重厚でフラットな身のこなしが、グランドツアラーとしての資質を大いに高めている。

一番のうま味は、レーンチェンジやコーナリングの動きに無駄がないこと。スパッと切れ込むような鋭さこそないものの、ステアリング操作に遅れることなく、クルマが向きを変えていく。この一体感こそがSTIが主張する「気持ちのいいハンドリング」なのだろう。なかなか通好みの味付けである。

「STI」ロゴ入りの専用メーター。260km/hまで表示される。
「STI」ロゴ入りの専用メーター。260km/hまで表示される。 拡大
アルカンターラと本革のコンビシートは、「STI」の刺しゅう入り。
アルカンターラと本革のコンビシートは、「STI」の刺しゅう入り。 拡大

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大

大人のスポーティ

クルマとの一体感が高まったところで、さらに対話を楽しみたいなら、やはりマニュアルトランスミッションを選びたい。いまさらいうまでもないが、マニュアルならトルクコンバーターを介さないぶん、ドライバーのアクセル操作がダイレクトにクルマの動きとなって表れるし、ギアの選択も自由自在だ。手足を総動員してクルマを操る行為は、それだけでもファンである。

先に触れたように、2.5リッター水平対向4気筒ターボと6段マニュアルはノーマルのままだ。排気量に余裕があるから、1500rpm以下でも十分実用的なトルクを発生するし、2000rpmに達する前にシフトアップのサインが表示されるほどである。それに従い、こまめにシフト操作を繰り返すだけでも楽しくなってくる。当然、エコドライブにも貢献するはずだ。一方、回転を上げれば、3000rpmを超えたころから、スポーツモデルにふさわしい強力なトルクがわき出す。さらに回転を増すと、水平対向エンジンらしい目の詰まったフィーリングがスポーツ心をかきたてる。これほどの実力なら、あえてパワートレインに手を入れなくても、気持ちのいい走りが存分に味わえるのだ。高いシャシー性能のおかげで、285psと35.7kgmの性能を持て余すことなく使えるのも、クルマとの対話を深めるうえでは重要なポイントである。

走りにもデザインにも、大人のスポーティさが光るレガシィB4 2.5GT tS。この好バランスに70万円強のエクストラを払う価値は十分あると思う。いまは600台の限定生産だが、レギュラーモデルへの昇格をぜひ検討してほしい。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

この記事を読んだ人が他に読んだ記事