【スペック】全長×全幅×全高=4730×1780×1490mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(285ps/6000rpm、35.7kgm/2000-5600rpm)/価格=402万9900円(テスト車=448万1400円/マッキントッシュサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=42万円/サテンホワイトパール(有料色)=3万1500円)

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】

いつも、スポーツ 2010.08.12 試乗記 スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)
……448万1400円
STIが手がけた、特別な「レガシィB4」に試乗。開発コンセプトの「Sport, Always!」をMTモデルで味わった。

中身で勝負

「レガシィ2.5GT tS」は、「レガシィツーリングワゴン/B4」の最上級グレード「2.5GT Sパッケージ」をベースに、STI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけたコンプリートカーだ。エンジンはノーマルのまま、シャシーのチューニングと装備の充実を図ったのが特徴で、BMWの「Mスポーツ」やアウディの「Sライン」に似た位置づけである。

ただし、tSのシャシーチューニングは、単にスプリングとダンパーを変えるのではなく、「フレキシブルドロースティフナー(フロント)」「フレキシブルサポート(リア)」「フレキシブルタワーバー(フロント)」といったパーツにより、タフなボディに仕上げたところが大きく違う。つまり、MスポーツやSラインよりも手が込んでいるのだ。こうした装備によって、ハンドリング性能を一段と向上させようというのがtSの狙いである。

エクステリアの変更が少ないのも特徴のひとつだろう。専用のフロントアンダースポイラーやルーフスポイラー(ツーリングワゴン)/トランクスポイラー(B4)、そしてエンブレムだけの違いだから、これでベースモデルより70万1400円も高い限定車とは、ほとんどの人は気づかないはずだ。

「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。
「STI」ロゴの入った本革巻きシフトノブ。

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像

スバル・レガシィB4 2.5GT tS(4WD/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る