【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1810kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(203ps/6000rpm、30.6kgm/1750-4000rpm)/価格=499.0万円(テスト車=586.0万円/セーフティ・パッケージ=20.0万円/レザー・パッケージ=25.0万円/エクステリア・スタイリング・パッケージ=15.0万円/チルトアップ機構付き電動パノラマ・ガラスサンルーフ=20.0万円/パワーテールゲート=7.0万円)

ボルボ XC60 T5 SE(FF/6AT)【試乗記】

本命登場 2010.08.11 試乗記 ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT)
……586.0万円

ボルボのクロスオーバー「XC60」に、2リッター直4ターボと6段ATを組み合わせたFF車が登場。500万円を切るエントリーグレードの走りを試す。

新開発の2リッター直4ターボを搭載

ボルボといえばワゴン、とどうしても言いたくなってしまう。けれど、そういう連想はそろそろ古いようである。ボルボは2009年に全世界で約33万5000台を販売した。そのうち一番多かったのが「XC60」で、全体の18%を超える約6万2000台を占めたという。そこにワゴンの「V50」と「V70」が続く。XC60は登場からわずか2年目にして、ボルボの看板モデルに上り詰めたのだ。

日本に話を限れば、XC60はV50とV70に続く3位にとどまった。ホラやっぱりそうじゃないか、と言いたくなるが、日本とて“世代交代”は時間の問題かもしれない。というのも、V50には299万円、V70には449万円なんていう戦略的な仕様があるのに、XC60はいずれも600万円クラスと、高価な品ぞろえにとどまっていたからだ。だから今回、ざっと100万円リーズナブルな直4ターボモデル「T5 SE」が投入されれば、勢力図が変わる可能性は大いにある。

車名は「T5」でも、搭載されるエンジンは2リッター直4ターボである。吸排気にCVVT(連続可変バルブタイミング機構)を備えるだけでなく、直噴化され、鋳物ではなくステンレス鋼板製のタービンハウジングを持つユニークなターボユニット(世界初だそうだ)を持ち、さらにはブレーキエネルギー回生システムが付くという、初物づくしの新エンジンだ。駆動方式はFF。これに同社が“パワーシフト”と呼ぶ6段のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされる。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボXCシリーズ【試乗記】 2009.12.9 試乗記 XC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC70 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
    ……638.0万円/668.0万円/624万.0円

    ボルボの2010年モデルを集めた試乗会にスーザン史子が参加。クロスオーバー「XC」シリーズを、まとめて乗り比べてみた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
ホームへ戻る