【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1810kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(203ps/6000rpm、30.6kgm/1750-4000rpm)/価格=499.0万円(テスト車=586.0万円/セーフティ・パッケージ=20.0万円/レザー・パッケージ=25.0万円/エクステリア・スタイリング・パッケージ=15.0万円/チルトアップ機構付き電動パノラマ・ガラスサンルーフ=20.0万円/パワーテールゲート=7.0万円)

ボルボ XC60 T5 SE(FF/6AT)【試乗記】

本命登場 2010.08.11 試乗記 ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT)
……586.0万円

ボルボのクロスオーバー「XC60」に、2リッター直4ターボと6段ATを組み合わせたFF車が登場。500万円を切るエントリーグレードの走りを試す。

新開発の2リッター直4ターボを搭載

ボルボといえばワゴン、とどうしても言いたくなってしまう。けれど、そういう連想はそろそろ古いようである。ボルボは2009年に全世界で約33万5000台を販売した。そのうち一番多かったのが「XC60」で、全体の18%を超える約6万2000台を占めたという。そこにワゴンの「V50」と「V70」が続く。XC60は登場からわずか2年目にして、ボルボの看板モデルに上り詰めたのだ。

日本に話を限れば、XC60はV50とV70に続く3位にとどまった。ホラやっぱりそうじゃないか、と言いたくなるが、日本とて“世代交代”は時間の問題かもしれない。というのも、V50には299万円、V70には449万円なんていう戦略的な仕様があるのに、XC60はいずれも600万円クラスと、高価な品ぞろえにとどまっていたからだ。だから今回、ざっと100万円リーズナブルな直4ターボモデル「T5 SE」が投入されれば、勢力図が変わる可能性は大いにある。

車名は「T5」でも、搭載されるエンジンは2リッター直4ターボである。吸排気にCVVT(連続可変バルブタイミング機構)を備えるだけでなく、直噴化され、鋳物ではなくステンレス鋼板製のタービンハウジングを持つユニークなターボユニット(世界初だそうだ)を持ち、さらにはブレーキエネルギー回生システムが付くという、初物づくしの新エンジンだ。駆動方式はFF。これに同社が“パワーシフト”と呼ぶ6段のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る