クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ヴォクシーZS G's バージョン・エッジ:全長×全幅×全高=4640×1720×1820mm/ホイールベース=2825mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=315万円(テスト車=367万1850円/215/45R18タイヤ(ブリヂストンPOTENZA RE050)&7J G's専用アルミホイール(赤ライン仕様)=2万8350円/S-VSC&ヒルスタートアシストコントロール&SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ=13万6500円/G's専用ボディストライプ=2万4150円/デュアルパワースライドドア=5万2500円/パワーバックドア=5万7750円/カジュアルHDDナビ(G-BOOK mXモデル)=20万7900円/ETCユニット=1万4700円)

トヨタ・ヴォクシーZS G's バージョン・エッジ/ノアSi G's【試乗記】

ボディ固めで味濃いめ 2010.08.10 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS G's バージョン・エッジ(FF/CVT)/ノアSi G's(FF/CVT)
……367万1850円/356万1000円

トヨタが、“操る楽しさ”にこだわって企画・開発したカスタマイズモデル「G SPORTS」(通称G's)。その第一弾となる「ヴォクシー G's」と「ノア G's」に試乗した。メーカー純正チューンドカーの実力はいかに!?

ミニバンを素材としたワケ

“G SPORTS”の第一弾が「ヴォクシー」&「ノア」と聞いて「なんだかなあ」とは思ったが、乗ってみると、クルマ好きにうれしい仕上がりになっている。やるじゃないか、トヨタ。2010年4月にマイナーチェンジを施され、前後の外観が少し変わったほかシートアレンジも新しくなった人気ミニバンシリーズのヴォクシーとノア。そして、それをベースとして「走りの味付け」を深く追求する「G SPORTS」仕様が、2010年6月30日に発売された「ヴォクシー G SPORTS」と「ノア G SPORTS」(略称G's)だ。

最初にその背景と内容を紹介しておこう。そもそもの発端は豊田章男氏。異例の若さで社長に就任する前から、「どうもトヨタ車は『退屈だ』と思われているらしい」から、「わくわく運転できるクルマを作ろうよ」が口癖だった。そんな盛り上げ策の一環となったのが、これも自らが提唱したウェブサイトの『GAZOO.com』。それも楽しいバーチャルワールドを描くだけでは足りず、「GAZOO Racing」を結成し、自らレースに出走したり、6段MTと強化サスペンションを持つ「iQ」の特別限定車「iQ GRMN」を発売したり、とても積極的な提案が目立つ。

もちろん「G SPORTS」もその延長線上に位置するプロジェクトで、今あるクルマを素材とし、その良さを生かしながら、メーカー自身でなければできない本格的なチューニングを施したもの。いずれ他車種も俎上(そじょう)に載せられるのだろうが、「まずは最も身近で親しまれているカテゴリーから」ということで、ヴォクシーとノアが選ばれた。

これを愛用するお父さんたちはまだ若く、この間まで「MR-S」や「セリカ」で運転の楽しさを満喫していたのに、家族サービスなどの事情からミニバンに乗り換えなければならなくなり、最近ちょっとガッカリ気味だったりするからだ。そこで、ミニバンでも運転を楽しんでもらおうというのが、このクルマの狙いというわけだ。

「G's」モデルの開発で作り手がこだわったのは、「操る楽しさ」。ドライバーの意思にクルマの動きがピタリと合うようなフィーリングが目指されている。メニューは足まわりチューンやボディ補強が中心で、エンジンには手が加えられていない。
「G's」モデルの開発で作り手がこだわったのは、「操る楽しさ」。ドライバーの意思にクルマの動きがピタリと合うようなフィーリングが目指されている。メニューは足まわりチューンやボディ補強が中心で、エンジンには手が加えられていない。
拡大
内装は、専用シート表皮やピアノブラック加飾パネルの採用により、スポーティな雰囲気が演出されている。
内装は、専用シート表皮やピアノブラック加飾パネルの採用により、スポーティな雰囲気が演出されている。
拡大
「G's」専用エアロパーツや車高が30mm下がるローダウンスプリングが標準装備される。ボディ下部のボディストライプはオプション扱い。
「G's」専用エアロパーツや車高が30mm下がるローダウンスプリングが標準装備される。ボディ下部のボディストライプはオプション扱い。
拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

本気のボディ補強

まずすごいのが車体そのものの強化で、ホイールベースの間をずらっとスポット溶接を増設し、そのうえ要所要所に補強ガゼットを追加してある。ミニバンなのに、まるでラリー車みたいだ。しかも、ただガチガチに固めるのではなく、必要な箇所にはフレキシブルな突っ張り材も配置して、「しなやかで頑健」という不思議な組み合わせを完成させている。

こんなボディだからこそ、サスペンションのチューニングも効果を発揮しやすい。前後とも専用のスプリング(ノーマルより20%ほど硬い)とダンパー(平均して減衰力を10%前後アップ)で車高を3cm落としてある。見た目の印象ではそんなに低く見えないが、乗った瞬間その効果は痛いほどわかる。荒れた舗装面での乗り心地は少し硬くなっているが、それがノーマルより快適な結果になっているのも事実。軽くガツッと来るけれど、フワフワした上下の動きが確実に抑えられ、どこでもフラットに通過するので、かえって2列目などクルマ酔いしにくいかもしれない。それにカッチリ地面をとらえている実感は、ただ直線を行くだけでも安心感が増す。

さらにコーナーに飛び込んでみると、「これでもミニバン?」みたいな俊敏さが顔をのぞかせる。ちょっと目の位置が高いだけで、感触はスポーツセダンそのものだからだ。もともと最近のミニバンは走りが優等生だが、それでもコーナーで傾けば、なんとなく頭が振られる印象もあるのに、「G SPORTS」仕様にはそれがない。それも根性で踏ん張るのではなく、全体が生き物のように姿勢変化を吸収している。ロールを減らしたいからといって、単純にスタビライザーを太くしたりしていないのが原因だ。

「G's」シリーズの最上級モデル「バージョン・エッジ」では、整流効果を高める床下空力パーツや剛性強化パーツ(フロントサスペンションメンバー後端ブレース、リアボディブレース、パフォーマンスダンパー)により、さらなる性能アップが図られる。
「G's」シリーズの最上級モデル「バージョン・エッジ」では、整流効果を高める床下空力パーツや剛性強化パーツ(フロントサスペンションメンバー後端ブレース、リアボディブレース、パフォーマンスダンパー)により、さらなる性能アップが図られる。
拡大
開発者がもっともこだわった「バネアブ」こと、スプリング&ショックアブソーバー。ロール量そのものを抑えるのではなく、ロールスピードを遅らせるようにチューンしてある。そのためコーナーでグラッとくる感覚がなく、扱いやすい。
開発者がもっともこだわった「バネアブ」こと、スプリング&ショックアブソーバー。ロール量そのものを抑えるのではなく、ロールスピードを遅らせるようにチューンしてある。そのためコーナーでグラッとくる感覚がなく、扱いやすい。 拡大
足まわりを固めたクルマにありがちな、前後方向に小刻みに揺れるピッチングはなく、衝撃の吸収性も高い。乗り心地は良好だ。
足まわりを固めたクルマにありがちな、前後方向に小刻みに揺れるピッチングはなく、衝撃の吸収性も高い。乗り心地は良好だ。
拡大

セイシュンがよみがえる!?

スタビを固めればロールは減らしやすいが、内側タイヤを路面に押しつける力も不足し、背の高いクルマだと不安定になることも多い。そこを入念なスプリングとダンパーのチューニングで抑えたから、ロールしないというより、最大ロール角に達するまでの時間を遅らせることができ、その間にもクルマは進むから、結果としてロールしないのと似た効果を得られている。それを可能にしたのも、ボディ本体から見直したトータルプランだからこそだ。

その結果、ちょっとしたステアリング操作に対しても、実に敏感だが鋭すぎない、ちょうどいい快さが充満している。「GAZOO Racing」のテストドライバーたちが入念に走り込んだ成果がここに見える。「さも運転が上手くなったように感じさせる」とは、最近のSTI系レガシィやインプレッサのうたい文句だが、このヴォクシー&ノア G'sにも同じことが言える。

だから、まだ“セイシュン”ってやつを忘れられないお父さんに絶好のオススメではあるが、はたしてミニバンでそこまで運転に熱中していいのかという疑問もなくはない。「父になる」というCMコピーもあることだし、息子さんたちには、ぜひとも正しい運転マナーの見本を見せてやってほしいところではある。

(文=熊倉重春/写真=高橋信宏)

こちらは「ノア」の「G's」バージョン。用意されるチューニング内容は「ヴォクシー」と共通。
こちらは「ノア」の「G's」バージョン。用意されるチューニング内容は「ヴォクシー」と共通。
拡大
コクピットまわりは、赤いステッチ入りの革巻きステアリングホイールやシフトノブがポイントとなっている。
コクピットまわりは、赤いステッチ入りの革巻きステアリングホイールやシフトノブがポイントとなっている。 拡大
【スペック】ノアSi G's:全長×全幅×全高=4635×1720×1820mm/ホイールベース=2825mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=280万5000円(テスト車=356万1000円/ホワイトパールクリスタルシャイン・ボディカラー=3万1500円/215/45R18タイヤ(ブリヂストンPOTENZA RE050)&7J G's専用アルミホイール(赤ライン仕様)=20万7900円/S-VSC&ヒルスタートアシストコントロール&SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ=13万6500円/デュアルパワースライドドア=5万2500円/プレミアムHDDナビ(G-BOOK mXモデル)=31万2900円/ETCユニット=1万4700円)
【スペック】ノアSi G's:全長×全幅×全高=4635×1720×1820mm/ホイールベース=2825mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=280万5000円(テスト車=356万1000円/ホワイトパールクリスタルシャイン・ボディカラー=3万1500円/215/45R18タイヤ(ブリヂストンPOTENZA RE050)&7J G's専用アルミホイール(赤ライン仕様)=20万7900円/S-VSC&ヒルスタートアシストコントロール&SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ=13万6500円/デュアルパワースライドドア=5万2500円/プレミアムHDDナビ(G-BOOK mXモデル)=31万2900円/ETCユニット=1万4700円)
拡大

関連キーワード:
ノアヴォクシートヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事