日産ティーダシリーズの環境性能が向上

2010.08.09 自動車ニュース
「日産ティーダ15M」
「日産ティーダ」の環境性能が向上

日産、「ティーダ」「ティーダラティオ」の環境性能を向上

日産自動車は、「ティーダ」「ティーダラティオ」に一部改良を加え、2010年8月16日に販売を開始する。

「ティーダ」「ティーダラティオ」に採用された「ECOモード」のスイッチ。
「日産ティーダ」の環境性能が向上

今回の改良では、発進・加速時に、より燃料消費を抑えられるようエンジンとCVTを協調制御し、ドライバーのエコドライブをサポートする「ECOモード」機能がFF車全車に標準装備された。この「ECOモード」は、スイッチ操作でON/OFFの切り替えが可能で、動作中はメーター内のインジケーターに表示される。

また、FF車の廉価グレード「15S」に、エクストロニックCVTが採用(従来は4AT)され、燃費が向上。これにより10・15モード燃費値はFF車の他グレードと並び、20.0km/リッターとなった。

最上級の「15G」に標準装備されるインテリジェントエアコンシステムには、肌の保湿や車内のにおい低減に効果があるとされる「プラズマクラスターイオン発生器」が新たに組み合わされた。

価格は、ティーダが149万9400円から185万8500円。ティーダラティオは139万9650円から196万8750円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る