日産ティーダシリーズの環境性能が向上

2010.08.09 自動車ニュース

日産、「ティーダ」「ティーダラティオ」の環境性能を向上

日産自動車は、「ティーダ」「ティーダラティオ」に一部改良を加え、2010年8月16日に販売を開始する。

今回の改良では、発進・加速時に、より燃料消費を抑えられるようエンジンとCVTを協調制御し、ドライバーのエコドライブをサポートする「ECOモード」機能がFF車全車に標準装備された。この「ECOモード」は、スイッチ操作でON/OFFの切り替えが可能で、動作中はメーター内のインジケーターに表示される。

また、FF車の廉価グレード「15S」に、エクストロニックCVTが採用(従来は4AT)され、燃費が向上。これにより10・15モード燃費値はFF車の他グレードと並び、20.0km/リッターとなった。

最上級の「15G」に標準装備されるインテリジェントエアコンシステムには、肌の保湿や車内のにおい低減に効果があるとされる「プラズマクラスターイオン発生器」が新たに組み合わされた。

価格は、ティーダが149万9400円から185万8500円。ティーダラティオは139万9650円から196万8750円。

(webCG 曽宮)

「日産ティーダ15M」
「日産ティーダ15M」 拡大
「ティーダ」「ティーダラティオ」に採用された「ECOモード」のスイッチ。
「ティーダ」「ティーダラティオ」に採用された「ECOモード」のスイッチ。
拡大

関連キーワード:
ティーダティーダラティオ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
ホームへ戻る