第113回:フォルクスワーゲンが生物多様性保全に取り組む理由

2010.08.09 エッセイ

第113回:フォルクスワーゲンの生物多様性を守る取り組みについて

2010年7月29日、東京・渋谷区の津田ホールで開催された国際フォーラム「生物の多様性と経済の自立 健全な自治体への挑戦」で、独フォルクスワーゲンAGの環境担当統括責任者が講演を行った。

COP10に先駆けて

「生物多様性」という言葉の意味をご存じだろうか? もっとも単純化するならば、「地球上に多様な生物が存在する」、つまり「地球にはたくさんの生き物がいる」ということである。

この「生物多様性」は、人間の生活に欠かせないものである。なぜなら生存に不可欠な酸素は植物などによって作られ、衣食住の多くは生物からの恵みによって支えられているからだ。3000万種ともいわれる生物の、豊かでバランスのとれた健全な生態系があってこそ、健全な社会や経済が成り立ち、人間の生活も存続可能となるのである。

そんな原則、いまさら言われなくたって……と思っている方もいることだろう。では今年2010年が国連が定めた「国際生物多様性年」であることをご存じだろうか? それゆえに生物多様性の重要性の認知を高め、その保護を推進し、損失を減少させるための活動が世界各国で実施されており、日本では10月に名古屋で「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の開催が予定されている。

この「生物多様性条約」とは、ワシントン条約など特定の地域や種の保全だけでは生物多様性の保全を図ることができないとの認識から、新たな包括的な枠組みとして1993年に発効したもので、2009年12月末現在、193の国と地域がこの条約を締結している。

自然は、多様な生物が存在する生態系バランスの上に成り立っていることを示したイラスト(資料:日本生態系協会)
第113回:フォルクスワーゲンの生物多様性を守る取り組みについて
フォーラムは平日の午後の開催にもかかわらず、定員490名のホールはほぼ満席。「COP10」の開催を数カ月後に控え、自然保護への関心の高まりがうかがえる。
第113回:フォルクスワーゲンの生物多様性を守る取り組みについて
ドイツにおける「ビジネスと生物多様性イニシアティブ」のリーダーシップ宣言に調印した企業42社。日本の「富士通」「リコー」「電通」などのロゴも見える。
第113回:フォルクスワーゲンの生物多様性を守る取り組みについて

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ