第5回:走ること、歩くこと(その2)〜トンネルなんか怖くない

2010.08.09 エッセイ

第5回:走ること、歩くこと(その2)〜トンネルなんか怖くない

多くの遍路が怖がり、嫌うトンネル。たいていの歩き遍路はトンネルを通るたび、道路はクルマ優先だと怒る。だが、四国のトンネルの安全対策は、想像以上に進んでいた。

こういうトンネルが一番怖い。大型車がすれ違うのが難しいほど狭く、人が歩く部分はほとんど無い。
こういうトンネルが一番怖い。大型車がすれ違うのが難しいほど狭く、人が歩く部分はほとんど無い。
高知四万十市近くのトンネル入り口。これを押すと、歩行者に合わせてウォーニングランプが点滅する。
高知四万十市近くのトンネル入り口。これを押すと、歩行者に合わせてウォーニングランプが点滅する。

歩き遍路はトンネルが恐い

つらい、キツイと思いながら歩いていると、つくづくこの世は歩きにくいと心底で感じる。その一例が国道、県道などのトンネルである。
トンネル内の歩行は、歩き遍路では避けがたく、途中何十という隧道(ずいどう)を通過しなければならない。もちろん、昔はそんなものはなかったから峠道を上り下りするしかなかった。今でもその旧道が残っているところもあるし、昔の山道がきちんと整備されて、魅力ある遍路道になっているところもある。そういうところは、多くの場合、旧道を選んで峠を越える。

だが、たいていは、古い山道は荒れ果てて通行できなくなっているし、仮にそこを選べば数倍の時間と労力を要求され、荒天のときは危険とも向き合わなくてはならない。したがって、イヤでもトンネルを通ることになる。実際、迂回(うかい)路がまったく無いトンネルの一つ、四万十市から足摺岬に向かう新伊豆田トンネルは、全長は1.62kmあるから、通過に25分近くかかる。感覚的には相当キツイ。

歩き遍路を経験した多くの人は、トンネルの恐怖を訴え、トンネルをあしざまに非難する。その根底にあるのは、大きな道路のトンネルは基本的に自動車用に作られ、人間をないがしろにしているという主張である。

ほとんど病的なまでにトンネルを怖がっていいる人は多く、足がすくんで歩けなくなるとはよく言われるし、それゆえに歩き遍路をあきらめる人すらさえいると聞く。
たしかにあまり気持ちのいい場所ではない。でも実際にそれを体験して、私は、予想以上に安全で歩きやすくになっていることに、むしろ驚いた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。