日産デュアリスがマイナーチェンジ

2010.08.06 自動車ニュース

「日産デュアリス」がマイナーチェンジ

日産自動車は「デュアリス」をマイナーチェンジし、2010年8月27日に発売する。

■高級感をアップ、燃費向上も

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを一新し、高級感をアップさせた。また燃費を向上させ、エコドライブ支援機能なども追加した。

エクステリアでは、フロントグリル中央にワイド感を強調したメッキのV字アクセントを配し、アウトサイドドアハンドルにもクロームメッキを採用した。ボディカラーは全色入れ替えられ、ブリリアントホワイトパールを含む全6色へ見直された。

インテリアでは、大径メーターを採用し視認性を向上。メーターパネル中央には、瞬間燃費やメンテナンス必要時期などの情報を表示する「車両情報ディスプレイ」を新たに配置した。センタークラスターの小物入れや、後席左右にISO FIX対応チャイルドシート用アンカーが標準装備とされるのも新しい。

また、エンジンやCVTの制御を変更したことで燃費を向上させた。全グレードでエコカー減税の対象となり、2WD車では自動車取得税と重量税が50%、4WD車はいずれの税も75%減免となる。

さらに、エコドライブを支援する機能も追加された。
ドライバーのアクセル操作を補正することで、燃費の良い発進をサポートする「スムーズ発進アシスト機能」、エコドライブをサポートする「ECOモード機能」、加速時のエンジン回転数を制御する「スマートレブコントロール機能」、ナビゲーション(カーウィングスナビゲーションシステム装着車)からの道路情報でエンジンブレーキをコントロールする「ナビ協調変速機能」などが装備される。

価格は、「20S」の209万7900円から「20G FOUR」の251万4750円まで。

■「クロスライダー」は専用ホイールを採用

デュアリスのマイナーチェンジと同時に、関連会社オーテックジャパンが手掛けるデュアリス「クロスライダー」も同様の変更が行われ、同日発売される。

専用の18インチアルミホイールと215/55R18タイヤを採用し、フルオートエアコン、およびキセノンヘッドランプを全車に標準装備。2WD車は、ベース車と同様にエコカー減税の対象となり、自動車取得税と重量税が50%減免される。

ボディカラーは、新色のブリリアントホワイトパールを設定。価格は、「20S」が254万4150円、「20G FOUR」は275万1000円。

(webCG ワタナベ)

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。
デュアリス「クロスライダー」
デュアリス「クロスライダー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デュアリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る