日産デュアリスがマイナーチェンジ

2010.08.06 自動車ニュース

「日産デュアリス」がマイナーチェンジ

日産自動車は「デュアリス」をマイナーチェンジし、2010年8月27日に発売する。

■高級感をアップ、燃費向上も

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを一新し、高級感をアップさせた。また燃費を向上させ、エコドライブ支援機能なども追加した。

エクステリアでは、フロントグリル中央にワイド感を強調したメッキのV字アクセントを配し、アウトサイドドアハンドルにもクロームメッキを採用した。ボディカラーは全色入れ替えられ、ブリリアントホワイトパールを含む全6色へ見直された。

インテリアでは、大径メーターを採用し視認性を向上。メーターパネル中央には、瞬間燃費やメンテナンス必要時期などの情報を表示する「車両情報ディスプレイ」を新たに配置した。センタークラスターの小物入れや、後席左右にISO FIX対応チャイルドシート用アンカーが標準装備とされるのも新しい。

また、エンジンやCVTの制御を変更したことで燃費を向上させた。全グレードでエコカー減税の対象となり、2WD車では自動車取得税と重量税が50%、4WD車はいずれの税も75%減免となる。

さらに、エコドライブを支援する機能も追加された。
ドライバーのアクセル操作を補正することで、燃費の良い発進をサポートする「スムーズ発進アシスト機能」、エコドライブをサポートする「ECOモード機能」、加速時のエンジン回転数を制御する「スマートレブコントロール機能」、ナビゲーション(カーウィングスナビゲーションシステム装着車)からの道路情報でエンジンブレーキをコントロールする「ナビ協調変速機能」などが装備される。

価格は、「20S」の209万7900円から「20G FOUR」の251万4750円まで。

■「クロスライダー」は専用ホイールを採用

デュアリスのマイナーチェンジと同時に、関連会社オーテックジャパンが手掛けるデュアリス「クロスライダー」も同様の変更が行われ、同日発売される。

専用の18インチアルミホイールと215/55R18タイヤを採用し、フルオートエアコン、およびキセノンヘッドランプを全車に標準装備。2WD車は、ベース車と同様にエコカー減税の対象となり、自動車取得税と重量税が50%減免される。

ボディカラーは、新色のブリリアントホワイトパールを設定。価格は、「20S」が254万4150円、「20G FOUR」は275万1000円。

(webCG ワタナベ)

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像 拡大

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像 拡大

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像 拡大
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。 拡大
デュアリス「クロスライダー」
デュアリス「クロスライダー」 拡大

関連キーワード:
デュアリス日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る