日産デュアリスがマイナーチェンジ

2010.08.06 自動車ニュース

「日産デュアリス」がマイナーチェンジ

日産自動車は「デュアリス」をマイナーチェンジし、2010年8月27日に発売する。

■高級感をアップ、燃費向上も

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを一新し、高級感をアップさせた。また燃費を向上させ、エコドライブ支援機能なども追加した。

エクステリアでは、フロントグリル中央にワイド感を強調したメッキのV字アクセントを配し、アウトサイドドアハンドルにもクロームメッキを採用した。ボディカラーは全色入れ替えられ、ブリリアントホワイトパールを含む全6色へ見直された。

インテリアでは、大径メーターを採用し視認性を向上。メーターパネル中央には、瞬間燃費やメンテナンス必要時期などの情報を表示する「車両情報ディスプレイ」を新たに配置した。センタークラスターの小物入れや、後席左右にISO FIX対応チャイルドシート用アンカーが標準装備とされるのも新しい。

また、エンジンやCVTの制御を変更したことで燃費を向上させた。全グレードでエコカー減税の対象となり、2WD車では自動車取得税と重量税が50%、4WD車はいずれの税も75%減免となる。

さらに、エコドライブを支援する機能も追加された。
ドライバーのアクセル操作を補正することで、燃費の良い発進をサポートする「スムーズ発進アシスト機能」、エコドライブをサポートする「ECOモード機能」、加速時のエンジン回転数を制御する「スマートレブコントロール機能」、ナビゲーション(カーウィングスナビゲーションシステム装着車)からの道路情報でエンジンブレーキをコントロールする「ナビ協調変速機能」などが装備される。

価格は、「20S」の209万7900円から「20G FOUR」の251万4750円まで。

■「クロスライダー」は専用ホイールを採用

デュアリスのマイナーチェンジと同時に、関連会社オーテックジャパンが手掛けるデュアリス「クロスライダー」も同様の変更が行われ、同日発売される。

専用の18インチアルミホイールと215/55R18タイヤを採用し、フルオートエアコン、およびキセノンヘッドランプを全車に標準装備。2WD車は、ベース車と同様にエコカー減税の対象となり、自動車取得税と重量税が50%減免される。

ボディカラーは、新色のブリリアントホワイトパールを設定。価格は、「20S」が254万4150円、「20G FOUR」は275万1000円。

(webCG ワタナベ)

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像

日産デュアリスがマイナーチェンジの画像
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。
新たに設定された6色のボディカラー。上段左から、スーパーブラック、グレイッシュブロンズ、ブリリアントホワイトパール。下段左から、ラディアントレッド、スチールブルー、ブリリアントシルバー。
デュアリス「クロスライダー」
デュアリス「クロスライダー」

関連キーワード:
デュアリス日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 日産スカイラインクロスオーバー370GT FOUR TypeP(4WD/7AT)【ブリーフテスト】 2009.10.6 試乗記 ……531万3000円
    総合評価……★★★★

    ファミリーの中で、最もラクシャリーな位置づけにある「スカイラインクロスオーバー」。エレガントに味付けられたという走りと、充実装備の使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る