特別なトゥインゴ 計60台で限定発売

2010.08.06 自動車ニュース

「ルノー・トゥインゴ」にスポーティな特別仕様車

ルノー・ジャポンは2010年8月5日、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」シリーズにスポーティな特別仕様車を設定。同日に発売した。

今回の特別仕様車は、NAモデル「トゥインゴ」とターボモデル「トゥインゴGT」のそれぞれに、セットオプション「キットスポール」を組み込んだもの。

専用開発のステンレスマフラーとマフラーカッター、15インチのホワイトアロイホイール、アルミ製のショートアンテナのほか、NAモデルには(ターボモデルと同じ)ルーフスポイラーが与えられ、ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブや「Turbo」デカールも付与される。

ボディカラーは、オレンジ、ブルー、ブラック、レッド系の4色を用意。

価格は、ベースモデルより安くなり(カッコ内が差額)、NAの「トゥインゴ キットスポール クイックシフト」が179万8000円(−18万2000円)で、ターボの「トゥインゴ キットスポール ターボ」が219万8000円(−20万2000円)。それぞれ30台ずつの限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ キットスポール ターボ」
「ルノー・トゥインゴ キットスポール ターボ」

特別なトゥインゴ 計60台で限定発売の画像
「キットスポール」の特別装備のひとつ「ホワイトアロイホイール」は、日本で独自に白い粉体塗装を施したもの。
「キットスポール」の特別装備のひとつ「ホワイトアロイホイール」は、日本で独自に白い粉体塗装を施したもの。
ステンレスマフラーは、専用開発品。計測の結果、最高出力はノーマルより約3%アップしているという。
ステンレスマフラーは、専用開発品。計測の結果、最高出力はノーマルより約3%アップしているという。
ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブも付属する。
ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブも付属する。

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記