特別なトゥインゴ 計60台で限定発売

2010.08.06 自動車ニュース

「ルノー・トゥインゴ」にスポーティな特別仕様車

ルノー・ジャポンは2010年8月5日、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」シリーズにスポーティな特別仕様車を設定。同日に発売した。

今回の特別仕様車は、NAモデル「トゥインゴ」とターボモデル「トゥインゴGT」のそれぞれに、セットオプション「キットスポール」を組み込んだもの。

専用開発のステンレスマフラーとマフラーカッター、15インチのホワイトアロイホイール、アルミ製のショートアンテナのほか、NAモデルには(ターボモデルと同じ)ルーフスポイラーが与えられ、ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブや「Turbo」デカールも付与される。

ボディカラーは、オレンジ、ブルー、ブラック、レッド系の4色を用意。

価格は、ベースモデルより安くなり(カッコ内が差額)、NAの「トゥインゴ キットスポール クイックシフト」が179万8000円(−18万2000円)で、ターボの「トゥインゴ キットスポール ターボ」が219万8000円(−20万2000円)。それぞれ30台ずつの限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ キットスポール ターボ」
「ルノー・トゥインゴ キットスポール ターボ」

特別なトゥインゴ 計60台で限定発売の画像
「キットスポール」の特別装備のひとつ「ホワイトアロイホイール」は、日本で独自に白い粉体塗装を施したもの。
「キットスポール」の特別装備のひとつ「ホワイトアロイホイール」は、日本で独自に白い粉体塗装を施したもの。
ステンレスマフラーは、専用開発品。計測の結果、最高出力はノーマルより約3%アップしているという。
ステンレスマフラーは、専用開発品。計測の結果、最高出力はノーマルより約3%アップしているという。
ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブも付属する。
ターボモデルにはルノースポール製のアルミシフトノブも付属する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る