新型エルグランドに「ライダー」が登場

2010.08.05 自動車ニュース

新型「日産エルグランド」に「ライダー」「VIP」が登場 福祉車両も

日産自動車の関連会社 オーテックジャパンは2010年8月4日、「日産エルグランド」をベースとした3種類のカスタマイズモデルを発表した。

■タイプの異なる3モデル

2010年8月4日にデビューした新型「日産エルグランド」をオーテックジャパンがカスタマイズ。タイプの異なる3種類のコンプリートカーとしてリリースする。

そのひとつめは、内外装をドレスアップした「ライダー」だ。初代「エルグランド」の時代からラインナップされるこちらは、専用デザインの前後バンパーやサイドシルプロテクター、メッキがまぶしいラジエターグリルや18インチアルミホイールなどで個性を演出。
インテリアも、白い本革シートや黒い和紙調のフィニッシャーが採用され、ノーマルとはひと味違った1台となっている。

価格は、360万1500円から483万円まで。

もう1台、福祉車両の「アンシャンテ セカンドスライドアップシート」は、読んで字のごとし、キャプテンシート型の2列目シート(左側)を電動操作で車体の外へと移動させられる特殊車両だ。主に、自力での乗り降りが困難なユーザーに向けられたものであり、早送りボタンを使ってシートの呼び出しと収納の時間を短縮できる点もウリである。

価格は、「250XG」(FF)の356万4750円から、「350 Highway STAR」(4WD)の462万5250円まで。

以上2モデルは、日産の販売会社を通じて2010年8月18日に発売される。

年内11月下旬には、エグゼクティブに向けた特別仕様車「VIP」も登場する予定だ。こちらは、ベースを「エルグランド」シリーズの最上級グレード「350 Highway STAR Premium」に限定。黒い本革シートとドアトリム、読書灯や100V電源に加え、乗降用の補助ステップも与えられる。
リアのエンターテインメントシステムやツインサンルーフなどの快適装備もあらかじめ用意。ノーマル車とは異なる専用タイヤで、乗り心地の向上も図られたという。

キャプテンシートの7人乗り仕様が基本だが、ユーザーからの要望があれば、2列目以降を2人乗り仕様(=定員4人)にするなどの特別注文にも対応するとのこと。価格は、FF車が577万5000円で、4WD車が605万8500円。

(webCG 関)

「日産エルグランド ライダー」
「日産エルグランド ライダー」
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」
「エルグランド VIP」のインテリア
「エルグランド VIP」のインテリア

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る