新型エルグランドに「ライダー」が登場

2010.08.05 自動車ニュース

新型「日産エルグランド」に「ライダー」「VIP」が登場 福祉車両も

日産自動車の関連会社 オーテックジャパンは2010年8月4日、「日産エルグランド」をベースとした3種類のカスタマイズモデルを発表した。

■タイプの異なる3モデル

2010年8月4日にデビューした新型「日産エルグランド」をオーテックジャパンがカスタマイズ。タイプの異なる3種類のコンプリートカーとしてリリースする。

そのひとつめは、内外装をドレスアップした「ライダー」だ。初代「エルグランド」の時代からラインナップされるこちらは、専用デザインの前後バンパーやサイドシルプロテクター、メッキがまぶしいラジエターグリルや18インチアルミホイールなどで個性を演出。
インテリアも、白い本革シートや黒い和紙調のフィニッシャーが採用され、ノーマルとはひと味違った1台となっている。

価格は、360万1500円から483万円まで。

もう1台、福祉車両の「アンシャンテ セカンドスライドアップシート」は、読んで字のごとし、キャプテンシート型の2列目シート(左側)を電動操作で車体の外へと移動させられる特殊車両だ。主に、自力での乗り降りが困難なユーザーに向けられたものであり、早送りボタンを使ってシートの呼び出しと収納の時間を短縮できる点もウリである。

価格は、「250XG」(FF)の356万4750円から、「350 Highway STAR」(4WD)の462万5250円まで。

以上2モデルは、日産の販売会社を通じて2010年8月18日に発売される。

年内11月下旬には、エグゼクティブに向けた特別仕様車「VIP」も登場する予定だ。こちらは、ベースを「エルグランド」シリーズの最上級グレード「350 Highway STAR Premium」に限定。黒い本革シートとドアトリム、読書灯や100V電源に加え、乗降用の補助ステップも与えられる。
リアのエンターテインメントシステムやツインサンルーフなどの快適装備もあらかじめ用意。ノーマル車とは異なる専用タイヤで、乗り心地の向上も図られたという。

キャプテンシートの7人乗り仕様が基本だが、ユーザーからの要望があれば、2列目以降を2人乗り仕様(=定員4人)にするなどの特別注文にも対応するとのこと。価格は、FF車が577万5000円で、4WD車が605万8500円。

(webCG 関)

「日産エルグランド ライダー」
「日産エルグランド ライダー」
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」
「エルグランド VIP」のインテリア
「エルグランド VIP」のインテリア

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る