【スペック】全長×全幅×全高=4070×1720×1465mm/ホイールベース=2510mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.4リッター直列4気筒マルチエア16バルブ+ターボ・インタークーラー付き(170ps/5500rpm、25.5kgm/2500rpm)/価格=328.0万円(テスト車=同じ)

アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】

エンジンもいい 2010.08.03 試乗記 アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
……328.0万円

“ベビー・アルファ”「ミト」に、新型エンジンを搭載する最上級グレードが登場。クローバーのエンブレムに込められた、その実力のほどは?

四つ葉のクローバーは幸運のシンボル

7月よりラインナップに加わったアルファ・ロメオ ミトの高性能版「アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ」の試乗前日。「そういえばあの四つ葉のクローバー(Quadrifoglio Verde=クアドリフォリオ・ヴェルデ)を最初につけたアルファのドライバーはだれだっけ?」と思って、『CAR GRAPHIC選集 ALFA ROMEO』(二玄社・刊)を本棚から引っ張り出す。ページをめくりながら、こんな一節に目が止まった。
「その後も1934年から39年までの間に造られた『6C 2300』が1606台で、年平均にすると300台そこそこにすぎない」

これは自動車史の権威である高島鎮雄さんがお書きになった記事で、戦前のアルファ・ロメオが高性能車をごく少量だけ生産していたことがわかる。高島さんは、さらに筆を進める。
「事実1934年に『6C 2300』を発表して以来、1970年にSOHCの『アルファスッド』を出すまで、アルファ・ロメオにはDOHC以外のエンジンをもった乗用車は1台もなかった」

いかんいかん、夜更けについ読みふけってしまった……。山道を飛ばしたり女性を隣に乗せたり家族でキャンプに出かけたり、クルマにはいろんな楽しみ方があるけれど、本年6月に創立100周年を迎えたアルファ・ロメオには歴史を振り返る楽しみもあるのだ。
そうそう、四つ葉のクローバーを最初につけたドライバーはウーゴ・シボッチでした。1923年のタルガ・フローリオ(1906年から1977年までシチリア島で開催された公道レース)で優勝したシボッチさんは、「幸運を呼ぶシンボル」として6気筒エンジン搭載のRLに四つ葉のクローバーのペイントを施していたのだ。以来、四つ葉のクローバーは、アルファ・ロメオのレーシングモデルや高性能バージョンのシンボルマークとなっている。

Frau製のレザーシートとBOSEサウンドシステムが標準で備わるぜいたくなインテリア。メーターパネル内に備わるギア・シフト・インジケーターが、最適なシフトタイミングをドライバーに知らせる。
アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【短評】
左右フロントフェンダーに備わる「四つ葉のクローバー」が、この「ミト」の高性能を暗示する。
アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る