ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ

2010.08.02 自動車ニュース

ダイハツ、軽オープン「コペン」をマイナーチェンジ

ダイハツ工業は2010年8月2日、軽オープンスポーツカー「コペン」を一部改良し、発売した。

「コペン」は「ACTIVE TOP COMPACT OPEN」をコンセプトに開発された、軽規格のオープンスポーツカー。電動開閉式のルーフを備えるなど、そのコダワリの造りがクルマ好きからの支持を得て、2002年6月の発売以来、累計生産台数は6万台を超える人気車種である。

今回の一部改良のポイントは、ラインナップの再編と装備の充実だ。
ラインナップについては、ベースグレード「コペン アクティブトップ」と、上級グレード「コペン アルティメットエディションS」(新設定)の、2種に整理統合された。

装備については、「アクティブトップ」に、従来オプション設定だったプロジェクター式ディスチャージヘッドランプやイモビライザー、シートヒーターなどを標準で装備。従来の「アルティメットエディションII」「アルティメットレザーエディション」を統合する形で新設定された「アルティメットエディションS」には、上記に加え、ビルシュタイン製ショックアブソーバーやリアパフォーマンスブレース、BBS製15インチアルミホイール、専用フロントグリルに各種エンブレム、ホワイトメーター、各種メッキパーツなどが標準装備される。また同グレードでは、シートとステアリングホイールをそれぞれ2種類から選択し、以下のように自由に組み合わせることが可能になった。

シート×ステアリングホイール組み合わせ
A:レザースポーツシート(ブラック、レッドステッチ)×MOMO製レザーステアリングホイール
B:レザースポーツシート(ブラック、レッドステッチ)×MOMO製ウッド&レザーステアリングホイール
C:レカロ製アルカンターラシート(キャメル)×MOMO製レザーステアリングホイール
D:レカロ製アルカンターラシート(キャメル)×MOMO製ウッド&レザーステアリングホイール

価格は、「コペン アクティブトップ」が169万5000円(4AT)と171万5000円(5MT)。「コペン アルティメットエディションS」は205万5000円(4AT)と207万5000円(5MT)。

(webCG)

「コペン アルティメットエディションS」
ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ
「コペン アクティブトップ」
ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ
「アルティメットエディションS」のMOMO製ウッド&レザーステアリングホイール。
ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ
「アルティメットエディションS」のレカロ製アルカンターラシート(キャメル)。
ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ
「アルティメットエディションS」のレザースポーツシート(ブラック、レッドステッチ)。
ダイハツ・コペンがマイナーチェンジ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る