第12戦ハンガリーGP「セーフティカーがもたらした番狂わせ」【F1 2010 続報】

2010.08.02 自動車ニュース
25回目のハンガリーGPは、レッドブルにとって100戦目、そして優勝したマーク・ウェバーにとっては150戦目の節目にあたる。記念のレースを最良のカタチで終えることができたウェバーは、チャンピオンシップでも首位に返り咲いた。(写真=Red Bull Racing)
第12戦ハンガリーGP「セーフティカーがもたらした番狂わせ」【F1 2010 続報】

【F1 2010 続報】第12戦ハンガリーGP「セーフティカーがもたらした番狂わせ」

2010年8月1日、ハンガリーのハンガロリンク・サーキットで行われたF1世界選手権第12戦ハンガリーGP。レッドブルがライバルより1秒以上も速い、というあからさまな力量の差は、しかしこの最速マシンの1-2フィニッシュにつながらなかった。セーフティカーラン中の混乱と戦略上の賭け、そして追い抜き困難なコース特性が、レースを意外性に富んだスリリングな展開へと誘った。

路面が汚れている偶数グリッドは不利─予選2位のウェバー(前から3台目)は、同3位のフェルナンド・アロンソ(先頭右)に先を越され、レース序盤は3位を走行。この時点で優勝は最速タイムを連発するトップのセバスチャン・ベッテル(先頭左)かと思われたが、セーフティカー導入で様相は大きく変わった。(写真=Red Bull Racing)
路面が汚れている偶数グリッドは不利─予選2位のウェバー(前から3台目)は、同3位のフェルナンド・アロンソ(先頭右)に先を越され、レース序盤は3位を走行。この時点で優勝は最速タイムを連発するトップのセバスチャン・ベッテル(先頭左)かと思われたが、セーフティカー導入で様相は大きく変わった。(写真=Red Bull Racing)
ウェバー(写真)は、セーフティカーラン中にピットに入らない戦略をとり、爆発的な速さでその作戦を成功させた。今季4勝目は誰よりも多い勝利数だ。(写真=Red Bull Racing)
ウェバー(写真)は、セーフティカーラン中にピットに入らない戦略をとり、爆発的な速さでその作戦を成功させた。今季4勝目は誰よりも多い勝利数だ。(写真=Red Bull Racing)

■25回目、ハンガリーGPの意外性

まだ“鉄のカーテン”の向こう側の国だったハンガリーに、西側ヨーロッパを象徴するようなF1がやってきたのは1986年、鈴鹿でGPが初開催される1年前のこと。以来、4kmちょっとの短い、ツイスティな、オーバーテイクの極めて難しいハンガロリンクでのGPは(意外にも)毎年欠かさず開催され、今年25回目の節目を迎えた。

この記念すべきレースは、2010年シーズンを戦うドライバーやチームにとって、いい結果を残しておきたい1戦でもあった。8月のF1にサマーバケーションが導入されて久しいが、今年もハンガリーGPと次の第13戦ベルギーGPの間にはおよそ1カ月の“お休み”が設けられた。このつかの間の休息を、どのような順位・関係で迎えるかは、今後の心理戦にも大きく影響する。弾みをつけて、激戦が予想される残り7戦に備えたい。

そういった意味で、圧倒的な速さで他を寄せ付けなかったレッドブルは、シーズン後半戦に大きな望みをつなげる結果を残した。
トップ10グリッドを決める予選Q3、セバスチャン・ベッテルはコースレコードとなる1分18秒773で、4戦連続、今季7回目のポールポジションを獲得。僚友マーク・ウェバーは約0.4秒差で2位、そして前戦ドイツGPウィナー、フェラーリのフェルナンド・アロンソは1.2秒以上も後方の3位となった。

とにかくケタ違いに速いレッドブルは、当然今年3度目の1-2を狙うつもりだっただろう。だがハンガロリンクのスターティンググリッドは、汚れのひどい偶数が不利。しかも抜けないコース特性から、予選3位のアロンソにも十分勝算があった。

過去24回の結果をひも解けば、ポールシッターが勝利したのは11回しかない。意外性に富んだレース展開こそ、ロングランを続けるハンガリーGPの魅力なのかもしれない。そして今年も、その番狂わせが起きた。

前戦ドイツGPのチームオーダー事件の余波は、レッドブルが1周1秒以上速い、という絶望的な状況によりいったんは鳴りを潜めた。フェラーリのフェルナンド・アロンソ(写真前)は、ベッテルのドライブスルーペナルティにも助けられ2位でフィニッシュ。前年のここハンガロリンクで悪夢のような事故に遭ったフェリッペ・マッサ(同後ろ)は、チームメイトを追いかけることができず、4位完走。なおウェバー同様、アロンソもここで150戦目を迎えた。(写真=Ferrari)
第12戦ハンガリーGP「セーフティカーがもたらした番狂わせ」【F1 2010 続報】

■ベッテル独走の序盤

今回のレースは、3つのフェーズに分けることができるだろう。

まず最初のフェーズはレース序盤だ。好スタートを決めたのは、やはりアロンソ。早々に右前方のウェバーを抜き、1コーナーではベッテルに並びかけるほどまで迫った。結局ベッテルが首位を守り、2位にアロンソ、3位ウェバー、フェリッペ・マッサが順位キープの4位。7番グリッドのルーキー、ビタリー・ペトロフが、ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグをオーバーテイクし5位まであがってきていた。

そこからしばらくは、ファステストラップ連発でベッテルが逃げる展開。1周につき1秒ずつ引き離すという異次元のペースで、2位アロンソに4周で3.9秒、5周で5秒、6周6.3秒とギャップを拡大、13周を数える頃には10秒以上もの差がついていた。

いっぽう2位から3位に落ちたウェバーは、前方のフェラーリより1秒速いマシンを駆るも、アロンソの後方1秒で鼻面を抑えられベッテルを追えない。この時点でウェバーの望みは、アロンソをピットストップのタイミングで抜き2位を目指すことに絞られた感があった。

70周のレースの15周目、フォースインディアのマシンのパーツがコース真ん中に落ちてしまったことで、セーフティカーが導入される。ここから、流れが大きく変わり勝敗の行方が分からなくなる第2フェーズがはじまった。

トップのベッテル、2位アロンソら多くが続々とピットへと駆け込むなか、ウェバー、ルーベンス・バリケロ、ヤルノ・トゥルーリはピットに入らない作戦をとった。
徐行走行中にトップに立ったウェバーは、前方がクリアになった再スタート後のダッシュにかけ、目の上のタンコブだったアロンソ、そしてあわよくばチームメイトのベッテルを攻略することを目指したのだ。

ルノーのルーキーで初のロシア人ドライバー、ビタリー・ペトロフ(写真)は、手強いチームメイト、ロバート・クビサを上回るパフォーマンスを予選、決勝で披露。予選7位から自身最高位の5位でゴールしチーム内外の評判をあげた。クビサは、セーフティカーラン中のピット作業中、ルノーの前方にピットを構えるフォースインディアのエイドリアン・スーティルと接触。この責任を問われ10秒のストップ/ゴーペナルティを受けた後にリタイアした。(写真=Renault)
第12戦ハンガリーGP「セーフティカーがもたらした番狂わせ」【F1 2010 続報】

■セーフティカーで勝敗の行方が分からなくなる

18周目にレース再開。これから最低1回はピットでタイヤを替えなければならないトップのウェバーが、既にタイヤを交換し止まる必要のない3位アロンソを抜くには、20秒前後のマージンを築かなければならなかった。この数字は、この日のレッドブルの力をもってしたら十分現実的だったが、目に見えない敵との攻防戦は戦況の輪郭を不確かなものとし、見るものを引き込んでいった。

ウェバーは最速タイムを立て続けに更新し、22周で2位ベッテルを6.8秒、3位アロンソを10.1秒も突き放した。そしてこの日の明暗を決定付ける出来事が24、25周目に続けて起きた。

24周目、4位まで順位をあげていたハミルトンのマクラーレンがコース脇でストップ。ギアボックストラブルで今季初のリタイアをきっし、5月のモナコGP以来となる6戦連続入賞も途絶えた。ポイントリーダーが無得点に終わったことで、チャンピオンシップ1位の座が他者に移る可能性が大きくなった。そして25周目、ベッテルが審議対象となっていることが発表された。セーフティカーラン中、各車は約10台分の車間を保て、というレギュレーションがあるのだが、2番手のベッテルは1位ウェバーのあまりにも後方を走ってしまったため、29周目、ベッテルにドライブスルーペナルティが発令された。

その規則を知らなかったベッテルは、32周目、憤まんやるかたないといったジェスチャーでピットを通り抜け、3位に後退。今度はベッテルがアロンソの後方を走ることとなった。

ザウバーは、チーム300戦目の記念すべきGPでダブル入賞。ペドロ・デ・ラ・ロサ(写真)は、2006年にここハンガリーで記録した自身唯一のポイント獲得から4年で2度目の得点に成功、7位でフィニッシュした。小林可夢偉は予選でピットレーン信号無視をしでかし5グリッド降格、23位とテールエンダーとしてスタート。レースでは抜きにくいサーキットで健闘し、なんと9位でゴール、今年4回目の入賞を果たした。(写真=Sauber)
ザウバーは、チーム300戦目の記念すべきGPでダブル入賞。ペドロ・デ・ラ・ロサ(写真)は、2006年にここハンガリーで記録した自身唯一のポイント獲得から4年で2度目の得点に成功、7位でフィニッシュした。小林可夢偉は予選でピットレーン信号無視をしでかし5グリッド降格、23位とテールエンダーとしてスタート。レースでは抜きにくいサーキットで健闘し、なんと9位でゴール、今年4回目の入賞を果たした。(写真=Sauber)
11位完走のミハエル・シューマッハー(写真)。レース終盤、10位の座を守るべく、かつてのチームメイト(であり忠実に仕えるナンバー2)、ルーベンス・バリケロと丁々発止を繰り広げたが、フレッシュタイヤで勢いに乗るバリケロを抑え切れずにいた。残り5周、1コーナー手前でインに飛び込むバリケロに、7度もチャンピオンになったシューマッハーは危険ともとれる幅寄せを行い、ピットウォールにバリケロを追いやった。この行為に対しバリケロは憤慨、レーススチュワードは次戦ベルギーGPで10グリッド降格という厳しい処分を下した。メルセデスのもう1台、ニコ・ロズベルグは、セーフティカーラン中のピット作業でリアタイヤのホイールの締めが不十分なままピットを後にし出口でタイヤ脱落、リタイア。(写真=Mercedes)
11位完走のミハエル・シューマッハー(写真)。レース終盤、10位の座を守るべく、かつてのチームメイト(であり忠実に仕えるナンバー2)、ルーベンス・バリケロと丁々発止を繰り広げたが、フレッシュタイヤで勢いに乗るバリケロを抑え切れずにいた。残り5周、1コーナー手前でインに飛び込むバリケロに、7度もチャンピオンになったシューマッハーは危険ともとれる幅寄せを行い、ピットウォールにバリケロを追いやった。この行為に対しバリケロは憤慨、レーススチュワードは次戦ベルギーGPで10グリッド降格という厳しい処分を下した。メルセデスのもう1台、ニコ・ロズベルグは、セーフティカーラン中のピット作業でリアタイヤのホイールの締めが不十分なままピットを後にし出口でタイヤ脱落、リタイア。(写真=Mercedes)

■最後はウェバー圧勝、ポイントリーダーに

この時点で、ピットに入らなければならない1位ウェバー、ゴールまで走り続けられる2位アロンソ双方に勝機はあったが、レースはその後、爆発的な走りによりウェバー圧勝が決定的となる最後のフェーズに突入する。

32周目にウェバーとアロンソの間にあった14.3秒のギャップは、ウェバーがファステストラップを連発し、36周目に18.6秒、そして38周目にはほぼ安全圏の20.6秒まで拡大。43周を終えて最初で最後のピット作業を済ませると、ウェバーはアロンソの4秒前方でコースに復帰し、雌雄は決した。

いっぽう3位ベッテルは、アロンソを1秒以内にとらえるも、ハンガロリンクの罠にはまっていた。時々コースを飛び出しては戻り、なんとか差を詰めるが、抜くには至らず。結局ポールポジションスタートながら3位でレースを終えた。

ハミルトンが今年2度目のノーポイントとなったことで、これまで最多の4勝を記録しているウェバーがチャンピオンシップを再びリードする展開となった。2位にドロップしたハミルトンはわずかながら4点の差をつけられたが、レッドブルの速さを前にして、今後この強敵を敗るのは至難の業であり、数字以上に手痛い無得点となった。

手痛いといえばベッテルも同様である。ウェバーと同点で迎えた今回、序盤の様子から楽に勝てたであろう戦いで優勝=25点を逃し、チームメイトに10点先行された。

もっとも得をしたのは、ウィナーのウェバーよりも、むしろアロンソといったほうがいいかもしれない。1秒速いレッドブルの、少なくとも1台より前でゴールできたのだから、御の字であろう。

速さを十分に備えたレッドブルがドライバーズ、コンストラクターズ両選手権でトップに立った今、マクラーレンとフェラーリの巻き返しに期待がかかる。次のベルギーGP決勝は8月29日。マシン性能に加えドライバーの力量が試されるスパ・フランコルシャンが舞台である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。