クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4000×1710×1505mm/ホイールベース=2470mm/重量=1130kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=260.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】

ポロに楽しさをプラス 2010.08.02 試乗記 フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)
……260.0万円
「ポロ」をベースにSUVテイストを加えた「クロスポロ」が新しくなって登場。1.2リッターTSIエンジンを載せた新型に試乗した。

あくまでSUV風モデルです

フロントバンパーからフロントホイールアーチ、サイドシル、リアホイールアーチ、そしてリアバンパーへ、クルマをぐるりと取り囲むように施されたブラック のガードをはじめ、前後バンパーにシルバーで施されたアンダーガード風のデザインやルーフレールが目を引く「クロスポロ」のエクステリア。
ちょっと見は、土とか泥とかが得意そうなクロスポロだが、あくまでデザインがSUV風なだけで、オフロードの走行性能が高められているわけではない。

「ポロ」よりも車高が15mm上げられてはいるが、パワートレインはベースとなる「ポロTSIハイライン」と同じだから、当然駆動方式はFFのままだ。何も知らずにダートや砂利道に飛び出せば、あっさりスタックしたり、せっかくの17インチアルミホイールが傷だらけ……なあんてことにもなりかねない。

つまり、このクロスポロはSUVの雰囲気を楽しむために企画された、ドレスアップモデルである。そもそもは、2003年に限定発売された「ポロファン」を起源とし、予想を上回る人気のおかげで2006年にクロスポロとしてカタログモデルに昇格。日本でも2006年に販売が開始されている。その定番ドレスアップモデルが最新のポロをベースに生まれ変わり、再び日本市場に登場したというわけだ。

テスト車には、ディーラーオプションのAVナビ&ETC(31.0万円)が装備される。
テスト車には、ディーラーオプションのAVナビ&ETC(31.0万円)が装備される。 拡大
シルバードアミラーや17インチアルミホイールもクロスポロ専用の装備。
シルバードアミラーや17インチアルミホイールもクロスポロ専用の装備。 拡大

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

これくらい派手なほうがいい

“フラッシュレッド”のクロスポロには、“ラテマキアート”と呼ばれるベージュの生地がシートやドアトリムに施される。黒内装のベースモデルに比べると、これだけでもずいぶん違う印象だ。クロスポロ専用の“マグマオレンジ”のボディカラーを選ぶと、オレンジのトリムが、どちらかといえばまじめ一辺倒、優等生過ぎるポロを、楽しい雰囲気に変えてくれる。コンパクトカーなら、このくらい派手なコーディネートでも抵抗なく受け入れられるから、クロスポロだけでなく、ベースモデルでも選べたらいいのに……。

そんなことを考えながら、いつものポロより少しオシャレ度を増したドライバーズシートに陣取る。地上高が15mm高くなってはいるが、乗り降りや運転席からの眺めはベースとほとんど変わらない。しかし走り出すと、ベースモデルにはなかったピッチング(前後の揺れ)が感じられるから、敏感なドライバーは車高が高いことに気づくだろう。

それでも、高速道路を飛ばすような場面を含めて、クロスポロのピッチングは不快なほどではない。215/40R17サイズのタイヤとアルミホイールの組み合わせは、普通のポロよりもショックを拾いがちだが、旧型に比べるとはるかに乗り心地は快適で、ふだんの足として使ううえでも困らないだろう。
ちなみに、クロスポロの全高は、ベースモデルより30mm高い1505mmだから、背の高さが理由でタワーパーキングへの入場を断られるなんて心配はない。

ボディカラーによって、オレンジ、ラテマキアート、グレーと3種類の内装色を用意するクロスポロ。写真はフラッシュレッドとディープブラックパールエフェクトのボディカラーに組み合わされるラテマキアート。

ボディカラーによって、オレンジ、ラテマキアート、グレーと3種類の内装色を用意するクロスポロ。写真はフラッシュレッドとディープブラックパールエフェクトのボディカラーに組み合わされるラテマキアート。 拡大

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

こちらもエコカー対象車

クロスポロのパワートレインは、1.2リッターTSI(直噴ターボ)に7段DSGの組み合わせだ。これはベースとなる「ポロTSIコンフォートライン/TSIハイライン」と同じコンビネーションで、トランスミッションのギア比もまったく同じ。30kgの重量増ならわざわざいじる必要はないだろう。
10・15モード燃費はベース車両の20.0km/リッターから18.6km/リッターに落ちはしたものの、それでもエコカー減税(50%減税)と購入補助金の対象となっている。

ベースモデル同様、1.2 TSIエンジンはクロスポロを活発に走らせる実力の持ち主だ。街中では1500rpm以下でもスルスルと低燃費走行を続けてくれるし、2000rpmを超えるころにはトルクの出方も本格化して、1130kgのボディをストレスなく加速させてくれる。

ベースモデルとは電子制御スロットルの味付けが違うのか、アクセルペダルを軽く踏んだときのレスポンスが向上しており、より自然な感覚で運転できるのも、クロスポロの印象を良くしてくれる。

ベースのTSIハイラインに比べて18万円アップのクロスポロだが、ふつうのポロにはない楽しさが手に入り、一方、ポロの良さがほとんど失われていないことを考えると、これはなかなか悪くない選択肢だと思う。ポロの購入を考えている人には、ぜひ候補のひとつとして検討することをおすすめする。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
ボディが若干大きい分ポロと比べると燃費は落ちるが、先代クロスポロと比べて約29%も低燃費化された。
ボディが若干大きい分ポロと比べると燃費は落ちるが、先代クロスポロと比べて約29%も低燃費化された。 拡大

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事