【スペック】全長×全幅×全高=4000×1710×1505mm/ホイールベース=2470mm/重量=1130kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=260.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】

ポロに楽しさをプラス 2010.08.02 試乗記 フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)
……260.0万円
「ポロ」をベースにSUVテイストを加えた「クロスポロ」が新しくなって登場。1.2リッターTSIエンジンを載せた新型に試乗した。

あくまでSUV風モデルです

フロントバンパーからフロントホイールアーチ、サイドシル、リアホイールアーチ、そしてリアバンパーへ、クルマをぐるりと取り囲むように施されたブラック のガードをはじめ、前後バンパーにシルバーで施されたアンダーガード風のデザインやルーフレールが目を引く「クロスポロ」のエクステリア。
ちょっと見は、土とか泥とかが得意そうなクロスポロだが、あくまでデザインがSUV風なだけで、オフロードの走行性能が高められているわけではない。

「ポロ」よりも車高が15mm上げられてはいるが、パワートレインはベースとなる「ポロTSIハイライン」と同じだから、当然駆動方式はFFのままだ。何も知らずにダートや砂利道に飛び出せば、あっさりスタックしたり、せっかくの17インチアルミホイールが傷だらけ……なあんてことにもなりかねない。

つまり、このクロスポロはSUVの雰囲気を楽しむために企画された、ドレスアップモデルである。そもそもは、2003年に限定発売された「ポロファン」を起源とし、予想を上回る人気のおかげで2006年にクロスポロとしてカタログモデルに昇格。日本でも2006年に販売が開始されている。その定番ドレスアップモデルが最新のポロをベースに生まれ変わり、再び日本市場に登場したというわけだ。

テスト車には、ディーラーオプションのAVナビ&ETC(31.0万円)が装備される。
テスト車には、ディーラーオプションのAVナビ&ETC(31.0万円)が装備される。
シルバードアミラーや17インチアルミホイールもクロスポロ専用の装備。
シルバードアミラーや17インチアルミホイールもクロスポロ専用の装備。

フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る