第153回:イタリア人があさる人気車「アツィエンダーレ」とは?

2010.07.31 エッセイ

第153回:イタリア人があさる人気車「アツィエンダーレ」とは?

イタリアにおけるカンパニーカーの広告各種。「あなたの部署は、ご褒美を受ける資格があります」とのキャッチが躍る。
第153回:イタリア人が漁る人気車「アツィエンダーレ」とは?

中小の部長さんでもクルマ1台支給

イタリアの中古車展示場で車両をながめると、スペックや価格とともに、ひときわ大きく目立つように記されているいくつかの項目がある。その代表的なものは「TURBODIESEL(ターボディーゼル)」である。ディーゼル人気を反映したものだ。
ここ1、2年は「GPL(LPG)」や「METANO(メタン)」といった文字も目立つ。ガソリンでもガスでも走れる車両ということである。
もともとイタリアは欧州屈指のLPG/メタンスタンド普及国であるが、燃費が良いことや、ここ数年の不景気で、以前にも増して注目されるようになった。
さらにLPG/メタンとも二酸化炭素排出量がガソリン車などと比べて低い。そのため、国や自治体が購入奨励金を設定したり、旧市街への進入を許したりしているので、さらに人気が出ている。

いっぽうで、「Cambio automatico(カンビオ・アウトマティコ)」つまりオートマチックはいまだ一部大都市でしか宣伝材料にならないようだ。大きく書くどころか、スペック表の他の文字に紛れさせるかのごとく小さく記されていることが多い。

そうしたイタリアにおける中古車店の表示には、特殊用語といえるようなものもある。
「Km0(キロメトロ・ゼロ)」というのは、走行距離が短いということ。ディーラーが目標台数達成などのために、自社で購入したクルマの場合が多い。ナンバーが付いているもの、付いていないもの両方あるが、ナンバー付きでも、ほとんど走行していないものから、社員がしばらく通勤に使っていたような車両までさまざまだ。

そしてもうひとつ、中古車展示場で目立つのが「Macchina aziendale」というサインである。「マッキナ・アツィエンダーレ」と読み、元・法人車を指す。これが今週の本題である。

法人車といっても、日本とニュアンスはかなり違う。フランスなど他の欧州諸国同様、イタリアにもカンパニーカーという制度が普及している。多くの場合、企業が自動車メーカー系や銀行系のリース会社を通じてクルマを長期レンタルし、社員に通勤・仕事用に貸与する。
ボクはイタリアに来る前は、「日本でいうところの一部上場企業の取締役級じゃないとその恩恵にあずかれないのだろう」と思っていたが、実際はそうでもない。
たとえば、ボクの知るワイナリーでは「アウディA4」を40代の部長級に貸している。「通勤費全額支給」という日本式システムはまずお目にかからないイタリアだが、逆に、中堅企業でちょっとした役職に就いただけでクルマを貸してもらえるチャンスがあるのだ。

イタリアでカンパニーカーのリース料やそれを活用することによる税的優遇は、日本のリース車とそれほど変わらない。しかし普及している背景には、イタリアの公共交通機関網が日本のように発達していないことがある。加えて中・北部などでは隣国に行く場合も陸路を辿ったほうがトータルの時間では早い場合も多々ある。そのため、社員に業務を円滑にこなしてもらうのに、カンパニーカーを導入したほうが効率的と考える企業が多いのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。