サーブのクロスオーバー「9-3X」発表

2010.07.30 自動車ニュース
 
サーブのニューモデル「9-3X」発表

サーブのクロスオーバー「9-3X」発表

サーブの日本総輸入元であるピーシーアイは、2010年9月1日にクロスオーバーモデル「9-3X」を発売する。

写真は左ハンドルだが、日本で販売されるのは右ハンドルになる。
写真は左ハンドルだが、日本で販売されるのは右ハンドルになる。
 
サーブのクロスオーバー「9-3X」発表の画像

「9-3X」は、ステーションワゴンにSUVのテイストを加えた、いわゆるクロスオーバーモデル。2009年のジュネーブショーで披露され、このたび日本に初上陸する。

3つの大きなグリルを持つフロントマスクと、クラムシェルと呼ばれるふっくらしたボンネットは、現代のサーブ車に共通のディテール。前後バンパーとサイドシル、ホイールアーチにつながるグレーのモールディングと、前後パンパー下に装着される、アルミスキッドパネルは、「X」モデルらしいSUVテイストの表れだ。さらに悪路での走行を考慮し、エステートモデルより地上高は35mm高く設定された。ルーフレールも標準装着される。

搭載するエンジンは、2リッターの直4DOHC+ターボチャージャー。最高出力210ps/5300rpm、最大トルク30.6kgm/2500-4000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、マニュアルモード付きの6段オートマチックとなる。

 
サーブのクロスオーバー「9-3X」発表の画像
 
サーブのクロスオーバー「9-3X」発表の画像
荷室は通常時で477リッター。シートを倒すことにより1331リッターまで拡大する(いずれもVDA法)。
荷室は通常時で477リッター。シートを倒すことにより1331リッターまで拡大する(いずれもVDA法)。

「9-3X」には、サーブが「XWD(クロスホイールドライブ)」と呼ぶ、4輪駆動システムが採用された。ハルデックス社製の電子制御式トルクトランスファーデバイスを介して、走行状態に応じ、前後輪の駆動力を配分。さらに後輪左右のトルク配分も行う、電子制御のアクティブリアリミテッドスリップデフ(eLSD)の働きにより、コーナリング時やウェット走行、悪路など、さまざまな路面状況で最適なグリップを実現するという。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後マルチリンク式で、「9-3」同様。アンチスピンデバイスのESPも標準装備される。

カーナビ、前席パワーシート、リアパーキングアシスタンスなども与えられ、価格は520.0万円。右ハンドル仕様のみが販売される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る