ポルシェ、HVスポーツカーを生産決定

2010.07.30 自動車ニュース

ポルシェ、ハイブリッドスポーツカー「918スパイダー」の生産決定

独ポルシェAGは2010年7月29日、今年3月にジュネーブショーで発表したハイブリッドスポーツカーのコンセプトモデル「918スパイダー」を台数限定で生産することを決定した。

2010年3月、ジュネーブショーにて公開されたオープン2シーターのハイブリッドスポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。ポルシェは、このコンセプトカーをベースに市販モデルを開発することを決定した。

ショーで披露されたコンセプトカーは、「カレラGT」のシャシーを用い、レーシングカー「RSスパイダー」に使用される最高出力500ps以上を誇るV8エンジンをミドに搭載。前後アクスルに電気モーターを配置し、ハイブリッド化したモデル。さらに、家庭用電源からもバッテリーに充電できるプラグインハイブリッドシステムを持つ。

最高速度320km/h以上、0-100km/hは3.2秒というハイパフォーマンススポーツカーの性能を実現しながらも、燃費は小型車並の33.3km/リッター(欧州NEDCモード)、CO2排出量は70g/kmと高い環境性能も併せ持つ。

市販モデルの開発は、ヴァイザッハで行われ、生産はツッフェンハウゼン工場を予定していることも発表された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「ポルシェ918スパイダー」
ポルシェ、HVスポーツカーを生産決定

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。