新生サーブ始動 今後2年で4モデル発表

2010.07.30 自動車ニュース
左から、ピーシーアイ株式会社の相原聡代表取締役、サーブオートモービルABのエグゼクティブセールスディレクターであるエイドリアン・ホールマークと、リージョナルディレクターアジアパシフィックのステファン・ニコルス。新しくラインナップに加わる「サーブ9-3X」と。
新生サーブ始動、販売開始は9月1日から

新生サーブ始動、今後2年で4モデル発表

スウェーデンのサーブオートモービルは2010年7月30日、東京で記者会見し、新型クロスオーバー「9-3X」とフラッグシップセダンの新型「9-5」を年内に日本で発売すると発表した。

2010年末に投入予定の「サーブ9-5」。
新生サーブ始動、販売開始は9月1日から

サーブブランドが米ゼネラルモーターズ(GM)からオランダのスパイカーカーズに売却されたのは既報のとおり。これにともない、日本でのサーブ車販売からゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは手を引き、新たにピーシーアイ株式会社が総輸入元となり販売を担当する。
新体制での運営は2010年9月1日からとなる。

車種のラインナップは、従来価格を引き継いで販売する「9-3セダン/エステート/カブリオレ」に、クロスオーバータイプのニューモデル「9-3X」が追加される。さらに2010年末ごろ、13年振りにフルモデルチェンジされるフラッグシップセダン「9-5」を投入。2011年中頃までには「9-5エステート」と、新セグメントへの参入を果たす戦略車種「9-4X」の発表も予定される。2012年には「9-3」も新世代へとスイッチされるなど、ニューモデル攻勢が続く。
2009年は日本市場での年間販売台数がわずか184台だったサーブブランドを、2013年には年間2000台に伸ばしたい考えだという。

販売網に関しては、既存のディーラーに新規販売店を追加し、拡充していくとのこと。また現在のサーブユーザーは、移行期間においては従来通りのサービスやサポートを受けることが可能だという。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
9-3X9-5セダンサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


ホームへ戻る