新生サーブ始動 今後2年で4モデル発表

2010.07.30 自動車ニュース
左から、ピーシーアイ株式会社の相原聡代表取締役、サーブオートモービルABのエグゼクティブセールスディレクターであるエイドリアン・ホールマークと、リージョナルディレクターアジアパシフィックのステファン・ニコルス。新しくラインナップに加わる「サーブ9-3X」と。
新生サーブ始動、販売開始は9月1日から

新生サーブ始動、今後2年で4モデル発表

スウェーデンのサーブオートモービルは2010年7月30日、東京で記者会見し、新型クロスオーバー「9-3X」とフラッグシップセダンの新型「9-5」を年内に日本で発売すると発表した。

2010年末に投入予定の「サーブ9-5」。
新生サーブ始動、販売開始は9月1日から

サーブブランドが米ゼネラルモーターズ(GM)からオランダのスパイカーカーズに売却されたのは既報のとおり。これにともない、日本でのサーブ車販売からゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは手を引き、新たにピーシーアイ株式会社が総輸入元となり販売を担当する。
新体制での運営は2010年9月1日からとなる。

車種のラインナップは、従来価格を引き継いで販売する「9-3セダン/エステート/カブリオレ」に、クロスオーバータイプのニューモデル「9-3X」が追加される。さらに2010年末ごろ、13年振りにフルモデルチェンジされるフラッグシップセダン「9-5」を投入。2011年中頃までには「9-5エステート」と、新セグメントへの参入を果たす戦略車種「9-4X」の発表も予定される。2012年には「9-3」も新世代へとスイッチされるなど、ニューモデル攻勢が続く。
2009年は日本市場での年間販売台数がわずか184台だったサーブブランドを、2013年には年間2000台に伸ばしたい考えだという。

販売網に関しては、既存のディーラーに新規販売店を追加し、拡充していくとのこと。また現在のサーブユーザーは、移行期間においては従来通りのサービスやサポートを受けることが可能だという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】NEW 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る