クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=5260×1870×1485mm/ホイールベース=3165mm/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(544ps/5500rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)

メルセデス・ベンツS63AMG(FR/7AT)【海外試乗記】

小さくとも変わらず 2010.07.30 試乗記 メルセデス・ベンツS63AMG(FR/7AT)

AMGのハイスペックエンジンが新世代に移行。ダウンサイジングを果たした新ユニット搭載の「メルセデス・ベンツSクラス」で、そのパフォーマンスを試した。

AMGに何が?

“63”の記号が与えられた各車に搭載されるAMG製の6.2リッターV8エンジン――車種ごとのチューニングの違いにより出力スペックは微妙に異なるものの、そのパフォーマンスの高さは世界各地で例外なく賞賛されてきたものだ。「自然吸気エンジンならではのシャープなスロットルレスポンス」、「排気量の大きさを忘れさせる、高回転にかけての鮮烈な伸び感」、「スポーツ心を満たす鮮烈なエキゾーストサウンド」等々と、実際自分もこの心臓を搭載したモデルの動力性能を、そんなフレーズを使って絶賛した覚えがある。しかし、そんなAMGきっての高回転・高出力型エンジンに後継モデルが現れた。その名もM157型を名乗る、5.5リッターのツインターボ付ユニットがそれだ。

6.2リッターエンジンの型式がM156だったことからも、それを「後継ユニット」と推測するのは容易なのだが、さらに決定的な根拠も存在する。それは、新エンジンを搭載して2010年9月にローンチ予定のSクラスが、「S63AMG」の車名を継承することだ。すなわちこの秋、S63AMGには「エンジンのみをフルチェンジ」という、かつて例を見ないリファインが行われる。独自の完全新設計がうたわれたM156型が世に出てまだ5年足らず。一体AMGに何が起こっているのか!?

どうやらその目的は、CO2排出量の大幅削減にあるようだ。

排気量ダウンを感じない

6.2リッターエンジンを積んだこれまでのS63AMGのCO2排出量は、ヨーロッパの測定モード(NEDC)で347g/km。それが、新エンジンでは一挙に3割近く減少するという。ちなみに新型での246g/kmという値は、300psと41.5kgmを発生させる2.5リッターターボエンジン搭載のヨーロッパ向け「スバル・インプレッサWRX STI」のそれ(243g)とほとんど同数値。それでいながら、こちらは544psと81.6kgm。さらに、1.0barから1.3barへのターボブーストアップを軸としたチューニングオプション「パフォーマンスパッケージ」を選択すれば571psと91.8kgmにもなるというのだから、なるほどその”エコ度”のほどをアピールしたくなる気持ちも分かろうというものだ。

そんな新しい心臓に、トルクコンバーターの代わりに湿式の多板クラッチを採用して伝達効率と変速レスポンスの向上を図ったAT 「MCT7段スポーツトランスミッション」を組み合わせた新しいS63AMGの走りを、正式デビューに先駆けての国際試乗会で試してきた。

ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド式の直噴システムに、アイドリングストップシステムも標準装備という新たなパワーパックを手にしたS63AMGは、相変わらずとんでもない速さの持ち主。驚いたのは、その加速フィーリングがターボ車をほとんど意識させないことで、通常シーンでは2速ギアからの発進を選択する「C」のポジションにシフトモードをセットしておいても、動き出しの瞬間からあふれるトルクを実感。端的に言って、そこでは従来型エンジンに対する約750ccの排気量ダウンなど、まるで意識させないのだ。

重量級モデル用として

その先、アクセルペダルを踏み込んでいくシーンでも、ターボ車にありがちな、加速力がある時点から急激に高まって、ドライバーの意思にそぐわない感覚はほとんど抱かない。しかも、そこで聞かれるちょっと派手めの排気サウンドは典型的なAMG車のそれで、ここでも「ターボ車らしさ」はほとんど実感しないのだ。ちなみに、0-100km/h加速タイムは、標準仕様で4.5秒、前述のパフォーマンスパッケージ仕様で4.4秒と発表。これは従来の6.2リッターエンジン搭載車の4.6秒をいずれも上回る。

ただし……AMGの開発陣は、そんなこの新しいパワーパックを、「主に重量級のモデルに対して用いる」というコメントも付け加えた。冒頭述べたように、6.2リッターエンジンのキャラクターは、生粋のスポーツエンジンとして捨て難いもの。すなわち、「C63AMG」や次期「SLK63AMG」には、従来の高回転・高出力型ユニットを継続的に使用するという意思表示であろうか?

ちなみに、M156型ユニット派生のM159型を搭載する「SLS AMG」に関しては、エンジン換装の計画はないという。「ドライサンプ構造のこちらは、専用設計のピュアスポーツカー向けユニット」というのがAMGの見解なのだ。

(文=河村康彦/写真=メルセデス・ベンツ日本)