プジョー207に記念限定車が登場

2010.07.29 自動車ニュース

スポーティな限定車「プジョー207 SPORTIUM 」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年7月29日、本社創業200周年を記念して「プジョー207 SPORTIUM(スポーティアム)」を発売した。

プジョー本社の創業200周年を記念して発売された「207 SPORTIUM(スポーティアム)」は、エントリーグレード「207 Style 1.6」をベースに、スポーティな装備が施された限定モデルだ。限定数は170台。「SPORTIUM」とは、「SPORT」と「PREMIUM」からの造語である。

エクステリアは、フロントグリルが上級グレード「シエロ」と同じ格子状のアルミ調となるほか、フォグランプ、ボディカラーと同色のサイドモールおよびリヤバンパーモール、新デザインの17インチホイールが装着される。
一方インテリアは、シートに上級グレード「プレミアム」と同じ「ブラック・ファブリック」が用いられ、専用革巻きステアリングホイール、アルミペダル、フロント・ドアステップガードが装備される。また、メーターリムをクローム仕上げにし、ドアインナーハンドルはマットシルバー仕上げのものに変更された。

ベースモデルには設定されない安全装置、横滑りを防止するESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備された。

ドライブトレインは、120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせで、変更はない。

ボディカラーは、ビアンカ・ホワイト、モロカン・レッド、トリウム・グレーの計3色が用意される。

価格は、ベース車両「207 Style 1.6」より10.0万円高い209.0万円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「プジョー207 SPORTIUM」
「プジョー207 SPORTIUM」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る