プジョー207に記念限定車が登場

2010.07.29 自動車ニュース

スポーティな限定車「プジョー207 SPORTIUM 」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年7月29日、本社創業200周年を記念して「プジョー207 SPORTIUM(スポーティアム)」を発売した。

プジョー本社の創業200周年を記念して発売された「207 SPORTIUM(スポーティアム)」は、エントリーグレード「207 Style 1.6」をベースに、スポーティな装備が施された限定モデルだ。限定数は170台。「SPORTIUM」とは、「SPORT」と「PREMIUM」からの造語である。

エクステリアは、フロントグリルが上級グレード「シエロ」と同じ格子状のアルミ調となるほか、フォグランプ、ボディカラーと同色のサイドモールおよびリヤバンパーモール、新デザインの17インチホイールが装着される。
一方インテリアは、シートに上級グレード「プレミアム」と同じ「ブラック・ファブリック」が用いられ、専用革巻きステアリングホイール、アルミペダル、フロント・ドアステップガードが装備される。また、メーターリムをクローム仕上げにし、ドアインナーハンドルはマットシルバー仕上げのものに変更された。

ベースモデルには設定されない安全装置、横滑りを防止するESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備された。

ドライブトレインは、120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせで、変更はない。

ボディカラーは、ビアンカ・ホワイト、モロカン・レッド、トリウム・グレーの計3色が用意される。

価格は、ベース車両「207 Style 1.6」より10.0万円高い209.0万円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「プジョー207 SPORTIUM」
「プジョー207 SPORTIUM」 拡大

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る