プジョー207に記念限定車が登場

2010.07.29 自動車ニュース

スポーティな限定車「プジョー207 SPORTIUM 」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年7月29日、本社創業200周年を記念して「プジョー207 SPORTIUM(スポーティアム)」を発売した。

プジョー本社の創業200周年を記念して発売された「207 SPORTIUM(スポーティアム)」は、エントリーグレード「207 Style 1.6」をベースに、スポーティな装備が施された限定モデルだ。限定数は170台。「SPORTIUM」とは、「SPORT」と「PREMIUM」からの造語である。

エクステリアは、フロントグリルが上級グレード「シエロ」と同じ格子状のアルミ調となるほか、フォグランプ、ボディカラーと同色のサイドモールおよびリヤバンパーモール、新デザインの17インチホイールが装着される。
一方インテリアは、シートに上級グレード「プレミアム」と同じ「ブラック・ファブリック」が用いられ、専用革巻きステアリングホイール、アルミペダル、フロント・ドアステップガードが装備される。また、メーターリムをクローム仕上げにし、ドアインナーハンドルはマットシルバー仕上げのものに変更された。

ベースモデルには設定されない安全装置、横滑りを防止するESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備された。

ドライブトレインは、120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせで、変更はない。

ボディカラーは、ビアンカ・ホワイト、モロカン・レッド、トリウム・グレーの計3色が用意される。

価格は、ベース車両「207 Style 1.6」より10.0万円高い209.0万円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「プジョー207 SPORTIUM」
「プジョー207 SPORTIUM」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る