プジョー207に記念限定車が登場

2010.07.29 自動車ニュース

スポーティな限定車「プジョー207 SPORTIUM 」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年7月29日、本社創業200周年を記念して「プジョー207 SPORTIUM(スポーティアム)」を発売した。

プジョー本社の創業200周年を記念して発売された「207 SPORTIUM(スポーティアム)」は、エントリーグレード「207 Style 1.6」をベースに、スポーティな装備が施された限定モデルだ。限定数は170台。「SPORTIUM」とは、「SPORT」と「PREMIUM」からの造語である。

エクステリアは、フロントグリルが上級グレード「シエロ」と同じ格子状のアルミ調となるほか、フォグランプ、ボディカラーと同色のサイドモールおよびリヤバンパーモール、新デザインの17インチホイールが装着される。
一方インテリアは、シートに上級グレード「プレミアム」と同じ「ブラック・ファブリック」が用いられ、専用革巻きステアリングホイール、アルミペダル、フロント・ドアステップガードが装備される。また、メーターリムをクローム仕上げにし、ドアインナーハンドルはマットシルバー仕上げのものに変更された。

ベースモデルには設定されない安全装置、横滑りを防止するESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備された。

ドライブトレインは、120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせで、変更はない。

ボディカラーは、ビアンカ・ホワイト、モロカン・レッド、トリウム・グレーの計3色が用意される。

価格は、ベース車両「207 Style 1.6」より10.0万円高い209.0万円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「プジョー207 SPORTIUM」
「プジョー207 SPORTIUM」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る