クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4080×1685×1495mm/ホイールベース=2510mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4 SOHC8バルブ(77ps/6000rpm、11.7kgm/3000rpm)/価格=205.0万円(テスト車=210.0万円/オプションカラー(アシッド・ジャズブルー)=5.0万円)

フィアット・プント エヴォ(FF/5AT)【試乗記】

21世紀型エヴォリューション 2010.07.29 試乗記 フィアット・プント エヴォ(FF/5AT)
……210.0万円

フィアットのハッチバック「プント」の進化版、その名も「プント エヴォ」が登場。はたして、どこがどれほど良くなったのか?

環境性能の進化

「プント エヴォ」と聞いて、高出力&大トルクのエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルを想像したクルマ好きは、時代の流れを痛感するかもしれない。昨2009年のフランクフルトショーで発表された新しいプントは、「テクノロジー、ドライバビリティ、環境性能などに対して高まるユーザーの要求を満足させるための進化(EVOLUTION)レベル」を表すために「エヴォ」を付けたのだという。エヴォはエヴォでも、“カッ飛び”方向より燃費向上に軸足を置いたエヴォリューションである。

2010年6月1日から販売が開始された日本仕様は、8バルブの1.4リッター(77ps、11.7kgm)に、オートマチックモードをもつ2ペダル式5段MT「デュアロジック」を組み合わせたおとなしいもの。注目の新機能は、停車のたびにエンジンを切って燃費を稼ぐ「スタート&ストップ」システムで、これは欧州の新しい環境基準「ユーロ5」に適合するための工夫のひとつだ。かの地の市街地走行モードでは、最大15%の燃費向上を果たしている。わが国の10・15モードでは、旧型より10%ほどアップした15.7km/リッターがうたわれる。

カタログに「黒」「赤」「白」「青」と4色のボディカラーが載るうち、今回は「アシッド・ジャズブルー」ことブルーメタリックの試乗車が用意された。

1.4リッターエンジンは、77ps、11.7kgmを発生。“エヴォリューション前”の「グランデプント」のものと(スペック含め)、基本的に変わりはない。
1.4リッターエンジンは、77ps、11.7kgmを発生。“エヴォリューション前”の「グランデプント」のものと(スペック含め)、基本的に変わりはない。 拡大
トランスミッションは、フィアットの2ペダル式MT「デュアロジック」のみ。マニュアルモードのシフトパターンは改められ、「引いてアップ/押してダウン」の方式に。
トランスミッションは、フィアットの2ペダル式MT「デュアロジック」のみ。マニュアルモードのシフトパターンは改められ、「引いてアップ/押してダウン」の方式に。 拡大
通常のエアバッグに加え、前席サイドエアバッグや運転席のニーエアバッグも標準装備。ESP(横滑り防止機能)やヒルホールド機能など、安全装備はグレード問わず完備する。
通常のエアバッグに加え、前席サイドエアバッグや運転席のニーエアバッグも標準装備。ESP(横滑り防止機能)やヒルホールド機能など、安全装備はグレード問わず完備する。
拡大

ややデコラティブに

新型プントのボディサイズは、全長×全幅×全高=4080×1685×1495mm。旧型比3cm長くなっただけだから実質同寸だ。2510mmのホイールベースも変わらない。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」よりやや小ぶりな5ドアハッチである。

新型は、好調の「500(チンクエチェント)」にならって(?)ノーズにメッキのオーナメントが貼られ、少々デコラティブな印象になった。クルマの骨格をいじれないとなるとデザイナーは表面的な変化に頼らざるをえないから、むしろ「よくココでとどまった」というべきか。一方、ブラックアウトされたバンパーで上下に分かれたグリルを視覚的に一体化し、「大口」ばやりのデザイントレンドにニューモデルを乗せている。慣れない目には「豪華」と「スポーティ」の不思議な混合に見えるが、これもまた「新しさの演出」といわれれば、そうなのだろう。

日本市場では、装備によって「プント エヴォ」(205万円)と「プント エヴォ ダイナミック」(230万円)の2グレードがラインナップされる。今回の試乗車はエントリーグレードたる前者だが、「ダイナミック」になるとボディの前後にフォグランプが装備され、リアガラスはプライバシーガラスとなる。ハロゲンヘッドランプの取り付け部が黒く塗られているのも、ダイナミックの特徴だ。ホイール径は標準車と同じ15インチながらアロイホイールとなり、65扁平のタイヤは175から185へと太くなる。

いざ、サイドシルをまたいで、運転席へ。

シルエットこそ「グランデプント」に似ているものの、前後のバンパーやリアのコンビランプなどは変更、表情が新しいものになった。
シルエットこそ「グランデプント」に似ているものの、前後のバンパーやリアのコンビランプなどは変更、表情が新しいものになった。 拡大
運転席まわりの様子。上級グレードの「プント エヴォ ダイナミック」では、ステアリングホイールやシフトノブが革巻きになり、パドルシフトも追加される。
運転席まわりの様子。上級グレードの「プント エヴォ ダイナミック」では、ステアリングホイールやシフトノブが革巻きになり、パドルシフトも追加される。 拡大
荷室の容量は、リアシートを倒すことで拡大できるが、床面そのものはフルフラットにはならない。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
荷室の容量は、リアシートを倒すことで拡大できるが、床面そのものはフルフラットにはならない。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます 拡大

地道な改良のたまもの

「エヴォ」のシートは、グレーのファブリックに黒のラインが入った地味派手なもの。
走り出すと、電動パワーアシストらしい手応えの足りないステアリングフィールが当初ちょっと気になったが、すぐ慣れた(なお、プント エヴォにも先代同様さらにハンドルが軽くなる「CITYモード」が備わるが、以前ほど極端な軽さではなくなっている)。

感心したのが「デュアロジック」のオートマチックモードで、ドライバーの意思に反することなく順当にギアをチェンジしていき、クラッチのつながりもスムーズだ。デュアルクラッチ式のトランスミッションが登場した際には、こうしたロボタイズド式MTの前途が案じられたが、開発陣の地道な改良が実っている。ストップ&ゴーの多い日本の街中でも、違和感なく運転できる。

ストップ&ゴーならぬスタート&ストップ、注目のアイドリングストップ機構のほうは、もちろん十分に実用的だが、厳しい日本の消費者には「あと一歩のブラッシュアップが必要」と感じられるのではないか。アイドリングが止まった状態でブレーキペダルから足を離す、またはシフトレバーを操作すると即座にエンジンがかかるのだが、アクセルを踏んで発進するときにほんの一瞬出遅れるので、停車/発進が多い路地などでは、気持ちのなかで前につんのめることが多かった。搭載される8バルブ1.4リッターが穏やかなエンジンだから、運転者も心落ち着けたドライブが求められる。

スタート&ストップは、渋滞中10km/h以下での低速運転時や後退時には停車してもエンジンを切らないし、水温やエアコン、バッテリーの状態などをモニターして、システムを稼働するかどうかを判断している。人為的にオフにすることも可能だ。「デュアロジック」同様、今後さらに改良されていくだろう。

スタート&ストップ機構からクルマ全体に目を転じれば、過不足ない動力性能と、それに見合ったソフトな、乗り心地を重視したアシを与えられた実用ハッチである。いかにも「21世紀のエヴォ」と、いえばいえる。ヨーロッパでリリースされている新開発の1.4リッター“マルチエア”エンジン搭載車、もしくはそのターボ版が、20世紀的な価値観によったエヴォかどうかは、まだわからない。それはそれで大いに期待したい。

(文=細川 進(Office Henschel)/写真=D.A)

複数のグレー系カラーでコーディネートされたインテリア。ボディカラー次第では、ブラックやレッドの組み合わせも選べる。
複数のグレー系カラーでコーディネートされたインテリア。ボディカラー次第では、ブラックやレッドの組み合わせも選べる。 拡大
「矢印がSを囲むマーク」が、アイドリングストップ機能作動中のしるし。 機能そのものは、ボタン操作で切る(=アイドリングしっぱなしにする)こともできる。
「矢印がSを囲むマーク」が、アイドリングストップ機能作動中のしるし。
機能そのものは、ボタン操作で切る(=アイドリングしっぱなしにする)こともできる。 拡大
フロント同様、リアにも大きなフィアット印のエンブレム。ハッチゲートを開くための、ロック解除ボタンになっている。
フロント同様、リアにも大きなフィアット印のエンブレム。ハッチゲートを開くための、ロック解除ボタンになっている。 拡大
「フィアット・プント エヴォ」は、エコカー補助金の対象車。エコカー減税からは外れるが、2010年9月末まではフィアット独自の割引キャンペーン(取得税と重量税の75%相当額=11万2500円をサポート)が実施される。
「フィアット・プント エヴォ」は、エコカー補助金の対象車。エコカー減税からは外れるが、2010年9月末まではフィアット独自の割引キャンペーン(取得税と重量税の75%相当額=11万2500円をサポート)が実施される。 拡大

関連キーワード:
プント エヴォフィアット試乗記

あなたにおすすめの記事