【スペック】全長×全幅×全高=4080×1685×1495mm/ホイールベース=2510mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4 SOHC8バルブ(77ps/6000rpm、11.7kgm/3000rpm)/価格=205.0万円(テスト車=210.0万円/オプションカラー(アシッド・ジャズブルー)=5.0万円)

フィアット・プント エヴォ(FF/5AT)【試乗記】

21世紀型エヴォリューション 2010.07.29 試乗記 フィアット・プント エヴォ(FF/5AT)
……210.0万円

フィアットのハッチバック「プント」の進化版、その名も「プント エヴォ」が登場。はたして、どこがどれほど良くなったのか?

環境性能の進化

「プント エヴォ」と聞いて、高出力&大トルクのエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルを想像したクルマ好きは、時代の流れを痛感するかもしれない。昨2009年のフランクフルトショーで発表された新しいプントは、「テクノロジー、ドライバビリティ、環境性能などに対して高まるユーザーの要求を満足させるための進化(EVOLUTION)レベル」を表すために「エヴォ」を付けたのだという。エヴォはエヴォでも、“カッ飛び”方向より燃費向上に軸足を置いたエヴォリューションである。

2010年6月1日から販売が開始された日本仕様は、8バルブの1.4リッター(77ps、11.7kgm)に、オートマチックモードをもつ2ペダル式5段MT「デュアロジック」を組み合わせたおとなしいもの。注目の新機能は、停車のたびにエンジンを切って燃費を稼ぐ「スタート&ストップ」システムで、これは欧州の新しい環境基準「ユーロ5」に適合するための工夫のひとつだ。かの地の市街地走行モードでは、最大15%の燃費向上を果たしている。わが国の10・15モードでは、旧型より10%ほどアップした15.7km/リッターがうたわれる。

カタログに「黒」「赤」「白」「青」と4色のボディカラーが載るうち、今回は「アシッド・ジャズブルー」ことブルーメタリックの試乗車が用意された。

1.4リッターエンジンは、77ps、11.7kgmを発生。“エヴォリューション前”の「グランデプント」のものと(スペック含め)、基本的に変わりはない。
1.4リッターエンジンは、77ps、11.7kgmを発生。“エヴォリューション前”の「グランデプント」のものと(スペック含め)、基本的に変わりはない。
トランスミッションは、フィアットの2ペダル式MT「デュアロジック」のみ。マニュアルモードのシフトパターンは改められ、「引いてアップ/押してダウン」の方式に。
トランスミッションは、フィアットの2ペダル式MT「デュアロジック」のみ。マニュアルモードのシフトパターンは改められ、「引いてアップ/押してダウン」の方式に。
通常のエアバッグに加え、前席サイドエアバッグや運転席のニーエアバッグも標準装備。ESP(横滑り防止機能)やヒルホールド機能など、安全装備はグレード問わず完備する。
通常のエアバッグに加え、前席サイドエアバッグや運転席のニーエアバッグも標準装備。ESP(横滑り防止機能)やヒルホールド機能など、安全装備はグレード問わず完備する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プント エヴォの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る