光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車

2010.07.28 自動車ニュース

光岡、「卑弥呼(ヒミコ)」に20台限定の特別仕様車

光岡自動車は、オープン2シーターモデルの「ヒミコ」に特別仕様車「ヒミコ クラシック」を設定し、2010年7月29日に発売すると発表した。

ミツオカ・ヒミコ」は、“往年のクラシックスポーツ”をデザインテーマに開発された、オープン2シーターモデルだ。2008年12月に登場した同モデルは、3代目「マツダ・ロードスター」をベースとしており、ソフトトップ仕様とパワーリトラクタブルハードトップ仕様の2種類が設定される。エンジンは全車2リッターDOHCで、トランスミッションはベース車同様、5MT(ソフトトップのみ)と6MT、6ATが選択可能だ。

今回の特別仕様車「ヒミコ クラシック」は、通常は単色のボディカラーを、ブラック系+レッド系の2トーンカラーとし、ボディサイドにメッキモールディングを追加したもの。内装も、職人の手によって縫製されたレッドの本革張りシートやドアトリム、木目調インテリアキットにより、豪華な雰囲気が演出されている。

グレードは、ソフトトップ・5MTの「ヒミコ クラシックST」と、電動ハードトップ・6ATの「ヒミコ クラシックHT」が用意される。

価格は、「ヒミコ クラシックST」が488.0万円、「ヒミコ クラシックHT」は525.0万円。販売台数は限定20台で、受注生産となる。

(webCG 曽宮)

「ミツオカ・ヒミコ クラシック」
「ミツオカ・ヒミコ クラシック」

光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車の画像

光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車の画像

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • ミツオカ・ヒミコ モノクローム 2012.12.12 画像・写真 光岡自動車の個性的な特別仕様車「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」を写真で紹介。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
  • 「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化 2017.9.1 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。今回の変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る