【スペック】全長×全幅×全高=5210×1900×1485mm/ホイールベース=3210mm/車重=2270kg/駆動方式=FR/4.4リッター V8DOHC32バルブターボ(449ps/5500rpm、66.3kgm/2000-4500rpm)、モーター(20ps、16.3kgm)/価格=1420万円(テスト車=1526万7000円/レザーインテリア(エクスクルーシブナッパレザー)=55万7000円/リアエンターテインメントシステム=51万円)

BMWアクティブハイブリッド7 L(FR/8AT)【試乗記】

目下最強のハイブリッド 2010.07.28 試乗記 BMWアクティブハイブリッド7 L(FR/8AT)
……1526万7000円

BMWがハイブリッドの高級セダンを作ると、どんなクルマができあがる? 都会の道で、その実力を試してみた。

プリウスではなくインサイトの仲間

たとえばグリルをちょこっと変えるとか、ヘッドランプをLEDにして未来的な目つき(?)にするとか、せっかくのハイブリッドなんだから、さりげなく特別感をアピールしたっていいと思うのだが、この「アクティブハイブリッド7」はあっさりとしたものである。車名のバッジが通常より多め(トランクリッドのほかにCピラーにもある)に貼られているぐらいで、特にこれといった“光りモノ”ものは見つからない。実は「ブルーウォーター」というボディカラーと、タービンを思わせるデザインの19インチホイールはハイブリッド専用なのだが、派手派手しいところがなく、オトナっぽくキメているので、専用と気付かない人も多いかもしれない。

エフィシェント・ダイナミクスをうたうビーエムだけあって、中身もエフィシエントだ。このクルマに搭載されているハイブリッドシステムは、BMW独自のものではなく、メルセデスと共同開発したもの。つまり「Sクラス ハイブリッド」と基本は同じなのだ。2台はモーターの出力(15kW=20ps)やリチウムイオンバッテリーのセル数(35セル)が同じなら、周辺のパーツを含めたシステム全体の重量も同じ。どちらも75kgでピタリと合っている。BMWとメルセデスといえば自他ともに認めるライバル同士だが、共通の敵(つまりレクサスだ)に立ち向かうときはしっかりスクラムを組み、最大の効果を狙うというわけである。

ハイブリッドシステムの主役であるモーターは、エンジンとトランスミッションの間に配置されている。主役はあくまでエンジンで、モーターはそれの補助に徹するパラレル式と呼ばれる構成をとるので、シリーズパラレル式の「トヨタ・プリウス」のようにモーターだけで走行することはできない。いわゆるマイルドハイブリッド車であり、「ホンダ・インサイト」の仲間といえる。

 
BMWアクティブハイブリッド7 L(FR/8AT)【試乗記】の画像
車内の様子。車外からでも操作できるエアコンなど、快適性には自信をみせる。なお、前席背面に見える大型のモニターは、オプションの「リアエンターテインメントシステム(51万円)」。
車内の様子。車外からでも操作できるエアコンなど、快適性には自信をみせる。なお、前席背面に見える大型のモニターは、オプションの「リアエンターテインメントシステム(51万円)」。
停車時は、アイドリングストップ機能が働く。エンジンは、ブレーキペダルから足を離せば再始動。
停車時は、アイドリングストップ機能が働く。エンジンは、ブレーキペダルから足を離せば再始動。
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.11.1 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……838万4000円

    「BMWアクティブハイブリッド3」は、3シリーズセダンで唯一、直6エンジンを積むモデルでもある。“絹のような”とたたえられた感触は、電化されたパワーユニットにも受け継がれているのだろうか?
  • BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【試乗記】 2012.10.9 試乗記 BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)
    ……965万9000円

    BMWのミドル級セダン「5シリーズ」にハイブリッドバージョンが登場。その走りは、ガソリン車とどう違う? 燃費も含め、テストした。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.20 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……838万4000円

    BMWと聞いて期待するもの、それはやはりドライビングの歓びである。電化されて存在感を潜めたハイブリッドパワートレインがもたらす歓びとは? ロングツーリングで考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る