日産ティアナがエコカー減税対象車に、VDCも標準装備

2010.07.26 自動車ニュース

「日産ティアナ」がエコカー減税対象車に、VDCも標準装備

日産自動車は2010年7月26日、アッパーミディアムセダン「ティアナ」を一部改良。同日販売を開始した。

■VDC採用グレードを拡大

2008年6月に現行型が発売された「ティアナ」は、2.5と3.5リッターエンジンのラインナップ。このたび、2.5リッターエンジン搭載車の排ガス性能と燃費向上が図られ、一部グレードがエコカー減税の対象となった。
さらに、同2.5リッター(FF車)には、VDC(ビークルダイナミクスコントロール=日産の横滑り防止装置〈ESC〉)が標準装備とされ、安全性能も高められた。
価格は257万4600円から406万8759円。

関連会社のオーテックジャパンが手がけるカスタマイズカー「ティアナ アクシス」「ティアナ プレミアムセレクション」でも、同様の改良が行われる。さらに、「アクシス」には、インテリジェントエアコンシステムと後席エアコン吹き出し口も全車標準とされた。

(webCG 本諏訪)

「ティアナ250XL」
「ティアナ250XL」 拡大
「ティアナ アクシス」
「ティアナ アクシス」 拡大

関連キーワード:
ティアナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ティアナ350JM(FF/CVT)【試乗記】 2003.2.21 試乗記 日産ティアナ350JM(FF/CVT)
    ……368.8万円

    2003年2月3日に発表された、日産の高級4ドアセダン「ティアナ」は、ラクシャリーセダンが苦戦する市場に、“和のテイスト”を盛り込んだインテリアで特色を出したニューモデル。神奈川県で開かれたプレス向け試乗会に、webCG記者が参加した。


ホームへ戻る