トヨタ・ハイエース燃費向上 減税も

2010.07.26 自動車ニュース

「トヨタ・ハイエース」燃費向上で、よりお求めやすく

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バンと乗用ワゴン、コミューターならびに、その姉妹車の商用バン「レジアスエース(バン)」の仕様を変更し、2010年7月26日に発売した。

今回のマイナーチェンジのポイントは、燃費性能の向上だ。
3リッター直噴ターボディーゼルモデルは、触媒が変更されるとともに、ピエゾインジェクターが採用され、排ガスはよりクリーンに。燃費性能もアップした。バンとコミューターのディーゼル車はエコカー減税の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が75%減免された。
2リッターと2.7リッターのガソリン車(FR車)も、エンジンとトランスミッションの制御と触媒が変更され、バン(FR車)が同様に50%の減税対象となった。

内外装も、フロントバンパー、ヘッドランプ、フロントグリルドアトリムが手直しされ、ダークグレーの内装が採用されるなどの変更を受けた。

ほか、上級グレード「DX」でパワーウィンドウが標準装備となり、ディスチャージヘッドランプがオプション設定されるなど、機能面も改められた。

価格は、「ハイエース」と「レジアスエース」のバンが同じで、205万7000円から350万7000円。「ハイエース」のワゴンが、243万6000円から350万円。同「コミューター」が267万2000円から328万1000円までとなっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • トヨタ、新型「ハイエースワゴン」を発売 1999.7.8 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ハイエースワゴン」をマイナーチェンジし、7月5日より発売した。エンジンのトルクアップや装備の充実などからなる。新型「トヨタハイエースワゴン」においては、これまでより豪華になり、装備が充実した。外観および内装の意匠の変更、装備の追加、一部エンジンのスペック変更、安全装備の充実などが特徴としてあげられる。外観はボディフロント部が50ミリ延長され、新意匠のフロントグリルおよびバンパーの採用で級械(広報資料)が強調された。さらにヘッドランプをはじめとする灯火類がマルチリフレクタータイプとなった。外板色も「エレガントパールトーニング」をはじめ、新たに3色が追加された。内装においては、フロントシートのスライド量が45ミリ増したことをはじめ、キーオフ後作動機能付パワーウィンドウや、新意匠のステアリングホイールなどが新たに採用された。「スーパーカスタムリミテッド」には、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、オプティトロンメーター、家庭用電化製品が使用できる100V電源ソケット、キャプテンシートタイプのセカンドシートなどが今回、採用されている。エンジンでは、3リッターディーゼルターボエンジン(1KZ-TE)に水冷式インタークーラーが追加され、最大トルクが33.8kgm(これまでは29.5kgm)に高まった。さらに最新の排出ガス規制にも適合するようになったという。安全装備としては、ワイドビューミラー、撥水ガラスのウィンドシールド(一部モデル)、プリテンショナーおよびフォースリミッター付フロントシートベルトなどの採用が新しい。グレードは、「デラックス」(東京213.2万円〜)、「スーパーカスタム」(同256.3万円〜)、「スーパーカスタムG」(同280.3万円〜)、「スーパーカスタムリミテッド」(同348.5万円〜)がそれぞれ後輪駆動と4輪駆動に設定されている。またハイルーフスーパーロングという「グランドキャビンG-p」(同351.9万円)と「同G-e」(同343.4万円)が後輪駆動に設定されている。ずいぶんキラキラになってしまった「ハイエースワゴン」であった。しかしホントにユーザーはこういうものを求めているのだろうか? それともニーズというのは与え手が作り出すものなのか? ウーン。(Web CG オガワ)
  • 「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定 2017.6.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジを施した「トヨタ・ハリアー」を発表。新たに2リッター直4ターボエンジン搭載車をラインナップし、同日、販売を開始した。
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース 日産がミドルサイズSUV「エクストレイル」をマイナーチェンジ。自動操舵技術を用いた運転支援システム「プロパイロット」を新採用するなど、装備を大幅に強化した。フロントマスクを変更するなど、デザインにも手が加えられている。
  • ルノー・ジャポン、アルピーヌの販売を発表 2017.6.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月1日、アルピーヌブランドのニューモデルについて、日本における輸入販売事業を行うと発表した。
ホームへ戻る