トヨタ・ハイエース燃費向上 減税も

2010.07.26 自動車ニュース

「トヨタ・ハイエース」燃費向上で、よりお求めやすく

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バンと乗用ワゴン、コミューターならびに、その姉妹車の商用バン「レジアスエース(バン)」の仕様を変更し、2010年7月26日に発売した。

今回のマイナーチェンジのポイントは、燃費性能の向上だ。
3リッター直噴ターボディーゼルモデルは、触媒が変更されるとともに、ピエゾインジェクターが採用され、排ガスはよりクリーンに。燃費性能もアップした。バンとコミューターのディーゼル車はエコカー減税の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が75%減免された。
2リッターと2.7リッターのガソリン車(FR車)も、エンジンとトランスミッションの制御と触媒が変更され、バン(FR車)が同様に50%の減税対象となった。

内外装も、フロントバンパー、ヘッドランプ、フロントグリルドアトリムが手直しされ、ダークグレーの内装が採用されるなどの変更を受けた。

ほか、上級グレード「DX」でパワーウィンドウが標準装備となり、ディスチャージヘッドランプがオプション設定されるなど、機能面も改められた。

価格は、「ハイエース」と「レジアスエース」のバンが同じで、205万7000円から350万7000円。「ハイエース」のワゴンが、243万6000円から350万円。同「コミューター」が267万2000円から328万1000円までとなっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
ハイエースワゴントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハイエース」の安全性能がアップ 2017.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月22日、一部仕様を変更したワンボックスモデル「ハイエース」および「レジアスエース」を発表した。同年12月1日に販売が開始される。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記
  • 「トヨタ・ヴォクシー」に、シルバーを効かせた特別仕様車 2017.11.24 自動車ニュース