【スペック】駆動方式=4WD/交流同期モーター(533ps、89.7kgm)(プロトタイプ)

メルセデス・ベンツSLS AMG E-CELLプロトタイプ(4WD)【海外試乗記】

時代の寵児 2010.07.26 試乗記 メルセデス・ベンツSLS AMG E-CELLプロトタイプ(4WD)

スーパースポーツカー「SLS AMG」をEV化するとどうなる? 世界に一台のプロトタイプに試乗した。

4基のモーターで533ps

「三菱i-MiEV」が発売され、「日産リーフ」や「トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド」も発売が秒読み段階という今の日本。そんなこの国では、電気自動車(EV)やハイブリッドという言葉は間違いなく“エコカー”を象徴する代名詞だ。ハイブリッド戦略でトヨタに対して大きく遅れをとった日産ゴーン社長による、「ハイブリッドは節煙者に過ぎないが、EVは完全なる禁煙者」というちょっと苦し紛れ(?)のアピールも功を奏してか、特にEVに対するエコカーイメージは決定的。しかし、だからこそ「そんな理解が定着している日本では、一体このモデルをどう紹介すれば良いのだろう!?」と、ちょっと戸惑いをも感じてしまうのが、ここに紹介する「メルセデス・ベンツSLS AMG E-CELL」なるモデルだ。

今のところ、世界で走行可能なのはこの1台という派手な蛍光イエローに彩られたこのモデルは、要はピュアスポーツカー「SLS AMG」のEVバージョン。ただし、それは単なるショーカーにはとどまらず、ここ数年のうちに市販を行うと明言されたモデルでもある。搭載スペースのみならず、重心高や前後の重量配分にも考慮してフロントカウル前方、センタートンネル、リアアクスル上方という3カ所に分散配置された総容量48kWhの液冷式リチウムイオンバッテリーから送り出される電力は、1輪当たり1基、すなわち計4基のモーターによって392kW≒533psと89.7kgmの最高出力と最大トルクへと変換される。ただし、そんな駆動ユニットが、2基のモーターとリダクションギアを一体化した“トランスアクスル”として、それぞれ車輪中心線より下にインボード配置されるのは、「インホイール化をした場合のばね下重量の増大に伴うマイナス面を考慮して」とのことだ。

SLS AMGならではの長いフロントフード下には、EVの制御ユニットや4WD化に伴ってプッシュロッド・ストラット式へと変更されたフロントサスペンションが収まる。すなわち、ラゲッジスペースはガソリンモデルの場合と同様にリアのトランクスペースのみ。前出の派手なカラーリングを別とすれば、外観上の変更点はテールパイプが廃されたことと、空力意識のホイールが採用された程度。一方のインテリアはTFTディスプレイを用いたメーターパネルや大型異型のセンターディスプレイなど、やや変更幅が大きいが、こちらも基本的にはガソリンモデルのデザインを踏襲する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る