最速のオープン・ベントレー、上陸

2010.07.22 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」
最速のオープン・ベントレー、日本デビュー

630psのオープン・ベントレー、日本で初お披露目

ベントレーモーターズジャパンは2010年7月22日、東京・お台場で開催されている「東京コンクール・デレガンス2010」の会場で、2月下旬に発表した「コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」の実車をお披露目した。

 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像
後席の様子。定員は4名。
後席の様子。定員は4名。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。

■お値段、3300万円!

「コンチネンタル」の中でも「スーパースポーツ」の名を持つモデルは、ベントレー史上、最もパワフルで、最も速い、いわば究極のシリーズ。コンバーチブルにもクーペと同じ630psの6リッターW12ツインターボエンジンが搭載され、0-100km/hが4.2秒、最高速は325km/h(クーぺは3.9秒と329km/h)と卓越した動力性能を誇る。

乗員はクーペでは軽量化のために2名へと変更されたが、コンバーチブルはベース車両と同じ4名のままとされた。車両重量は「GTCスピード」より90kg軽い2395kg。

車両価格はクーペの3150.0万円に対し、コンバーチブルは3300.0万円。納車は2011年の第一四半期を予定している。

(webCG 竹下)

 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル/ミュルザンヌ【試乗記】 2014.9.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る