最速のオープン・ベントレー、上陸

2010.07.22 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」
最速のオープン・ベントレー、日本デビュー

630psのオープン・ベントレー、日本で初お披露目

ベントレーモーターズジャパンは2010年7月22日、東京・お台場で開催されている「東京コンクール・デレガンス2010」の会場で、2月下旬に発表した「コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」の実車をお披露目した。

 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像
後席の様子。定員は4名。
後席の様子。定員は4名。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。

■お値段、3300万円!

「コンチネンタル」の中でも「スーパースポーツ」の名を持つモデルは、ベントレー史上、最もパワフルで、最も速い、いわば究極のシリーズ。コンバーチブルにもクーペと同じ630psの6リッターW12ツインターボエンジンが搭載され、0-100km/hが4.2秒、最高速は325km/h(クーぺは3.9秒と329km/h)と卓越した動力性能を誇る。

乗員はクーペでは軽量化のために2名へと変更されたが、コンバーチブルはベース車両と同じ4名のままとされた。車両重量は「GTCスピード」より90kg軽い2395kg。

車両価格はクーペの3150.0万円に対し、コンバーチブルは3300.0万円。納車は2011年の第一四半期を予定している。

(webCG 竹下)

 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル/ミュルザンヌ【試乗記】 2014.9.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。
ホームへ戻る