BMW、75%減税の「523i」発売

2010.07.22 自動車ニュース

BMW5シリーズに2.5リッター直6モデル追加

BMWジャパンは2010年7月22日、アッパーミディアムサルーン「5シリーズセダン」に新グレード「523i」を追加し、同日発売した。

「550i」「535i」「528i」と3種のラインナップで2010年3月にデビューした5シリーズセダンに、エントリーグレードとなる「523i」が加わった。

搭載されるエンジンは、バルブトロニック採用の2.5リッター直6DOHC。最高出力204psと最大トルク25.5kgmを発生する。組み合わされるトランスミッションは8段のオートマチック。ブレーキエネルギー回生システム「マイクロハイブリッドテクノロジー」も、他グレード同様に採用され、10・15モード燃費は11.4km/リッターを記録する。これは従来型同排気量車に比べ、およそ30%向上した値だという。

走りの装備として、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(前後輪統合制御ステアリングシステム)やダイナミック・ドライビング・コントロールが標準で用意されるほか、快適装備ではHDDナビや12スピーカーのオーディオ、電動フロントシートなどが与えられる。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は610.0万円。なお同車はエコカー減税(75%)対象モデルでもある。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る