【スペック】Gエアロ:全長×全幅×全高=4210×1695×1720mm/ホイールベース=2740mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.5リッター直列4気筒SOHC16バルブ(118ps/6600rpm、14.7kgm/4800rpm)/価格=198万8000円(テスト車=220万8500円/Lパッケージ=11万5500円/スカイルーフ=10万5000円)

ホンダ・フリードスパイク Gエアロ/Gジャストセレクション【試乗速報】

ホンダの動く城 2010.07.22 試乗記 ホンダ・フリードスパイク Gエアロ(FF/CVT)/Gジャストセレクション(FF/CVT)
……220万8500円/214万5000円

ホンダから車中泊対応(?)のニューモデル「フリードスパイク」がデビュー。さっそく、その使い勝手をチェックした。

衝撃のニューモデル

以前、新聞だか雑誌だかで、「多くのアメリカ人男性が思い描くリタイア後の夢は、キャンピングカーで全米をまわることだ」という記事を読んだ記憶がある。自分には欧米かぶれのケがあるので、それはいい、自分もリタイアしたらマネッコしようと心に決めている。そりゃ北米大陸に比べたら日本は狭い。でも、海岸線の総延長距離は北米大陸よりも日本列島のほうが長いというし、1年ぐらいかけて日本一周をするのは面白そうだ。

そこで前々から気になっているのが、寝泊まりできるクルマだ。リタイア後の年齢を考えると、体力的に毎日が車中泊というのは厳しいかもしれない。けれども、「オレは宿の予約や門限とかメンドくさいことを忘れて、好きな時間に好きな場所に行って好きなように寝るノダ」というフリーな姿勢にもあこがれる。現実的には、「車中泊」「車中泊」「民宿」「車中泊」「車中泊」「素泊まり旅館」ぐらいのペースに落ち着きそう……。

てなことを時折、思い出したように考えているわけですが、そこに衝撃的なニューモデルが登場した。大人が余裕をもって横になれることを前面に打ち出した、「ホンダ・フリードスパイク」である。「フリードスパイク」を簡単に説明すれば、5ナンバーサイズの3列シートミニバンとしてヒットをかっ飛ばした「フリード」の2列シート版。ホイールベースの長さや1.5リッターエンジンとCVTとの組み合わせなど、基本構成は「フリード」と同じ。乗車定員は5人で、3列目シートが備わらないぶん、荷室空間の充実を図っている。試乗会では、荷室空間からチェックを開始する。

巨大なガラス天井「スカイルーフ」は、「エアウェイブ」や「フィット」といった他のホンダ車でもおなじみのオプション装備。車中泊の車内から、星空が仰げるかも?
巨大なガラス天井「スカイルーフ」は、「エアウェイブ」や「フィット」といった他のホンダ車でもおなじみのオプション装備。車中泊の車内から、星空が仰げるかも?
スピードメーターの目盛りの色がオレンジから白になったり、ダッシュパネルの色味がややマットになるなどの小変更はあるものの、オープンカフェをイメージしたというインテリアの基本的な意匠は「フリード」と共通。
スピードメーターの目盛りの色がオレンジから白になったり、ダッシュパネルの色味がややマットになるなどの小変更はあるものの、オープンカフェをイメージしたというインテリアの基本的な意匠は「フリード」と共通。
2年前にデビューした「フリード」は好調で、2年間の累計で約17万3000台が販売された。月平均では約7000台で、2010年上半期の乗用車の売り上げ第8位。この「フリード」との差別化について開発のまとめ役を務めた安木茂宏LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)は「Another Life Creator」というキーワードをあげた。つまり日々の生活に使いつつ、休日は広い荷室をアクティブな趣味などに活用して暮らしの幅を広げるのだという。
先代にあたる「モビリオスパイク」と比較すると、全長で+85mm、全高で+10mmと、わずかではあるが大型化している。全幅とホイールベースは変わらず。
2年前にデビューした「フリード」は好調で、2年間の累計で約17万3000台が販売された。月平均では約7000台で、2010年上半期の乗用車の売り上げ第8位。この「フリード」との差別化について開発のまとめ役を務めた安木茂宏LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)は「Another Life Creator」というキーワードをあげた。つまり日々の生活に使いつつ、休日は広い荷室をアクティブな趣味などに活用して暮らしの幅を広げるのだという。
	先代にあたる「モビリオスパイク」と比較すると、全長で+85mm、全高で+10mmと、わずかではあるが大型化している。全幅とホイールベースは変わらず。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る