アウディ、Q7のパワートレインを一新

2010.07.21 自動車ニュース
「アウディQ7」オフロードスタイリングパッケージ装着車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディジャパンは2010年7月21日、SUVモデル「Q7」のパワートレインを一新し、発売した。新モデルは、3リッタースーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。

「アウディQ7」標準車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

「アウディQ7」のエンジンが一新された。従来は、3.6リッターV6の「3.6 FSI クワトロ」と4.2リッターV8の「4.2 FSI クワトロ」の2本立てだったが、今回、スーパーチャージャー付きV6エンジン搭載の「3.0 TFSI クワトロ」に1本化された。

このエンジンは、アウディのダウンサイジングコンセプトに基づいて開発されたもので、従来型より排気量が600cc小さくなったエンジンに過給機を加えることで、高トルク・低燃費化を実現。スペックは、最高出力272ps/4780-6500rpm、最大トルク40.8kgm/2150-4780rpm。従来の3.6リッターよりパワーは8ps下がったものの、トルク値では4.1kgm上回った。

トランスミッションは、新開発の8段ATを搭載。また、制動時および低負荷巡航時に、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を採用した。

これら動力系と駆動系の見直しにより、10・15モード燃費は8.6km/リッターと、従来の3.6リッターモデルより約13%向上。CO2排出量は、305g/kmから270g/kmに減少した。

「Q7」には、新たにオプションとして、専用フロント&リアアンダーカバー、左右ステップ、フェンダーアーチプロテクション、テールパイプフィニッシャーをセットにした「オフロードスタイリングパッケージ」(61.0万円)が設定された。

ハンドル位置は、右のみの設定となる。

価格は、772.0万円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る