アウディ、Q7のパワートレインを一新

2010.07.21 自動車ニュース
「アウディQ7」オフロードスタイリングパッケージ装着車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディジャパンは2010年7月21日、SUVモデル「Q7」のパワートレインを一新し、発売した。新モデルは、3リッタースーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。

「アウディQ7」標準車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

「アウディQ7」のエンジンが一新された。従来は、3.6リッターV6の「3.6 FSI クワトロ」と4.2リッターV8の「4.2 FSI クワトロ」の2本立てだったが、今回、スーパーチャージャー付きV6エンジン搭載の「3.0 TFSI クワトロ」に1本化された。

このエンジンは、アウディのダウンサイジングコンセプトに基づいて開発されたもので、従来型より排気量が600cc小さくなったエンジンに過給機を加えることで、高トルク・低燃費化を実現。スペックは、最高出力272ps/4780-6500rpm、最大トルク40.8kgm/2150-4780rpm。従来の3.6リッターよりパワーは8ps下がったものの、トルク値では4.1kgm上回った。

トランスミッションは、新開発の8段ATを搭載。また、制動時および低負荷巡航時に、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を採用した。

これら動力系と駆動系の見直しにより、10・15モード燃費は8.6km/リッターと、従来の3.6リッターモデルより約13%向上。CO2排出量は、305g/kmから270g/kmに減少した。

「Q7」には、新たにオプションとして、専用フロント&リアアンダーカバー、左右ステップ、フェンダーアーチプロテクション、テールパイプフィニッシャーをセットにした「オフロードスタイリングパッケージ」(61.0万円)が設定された。

ハンドル位置は、右のみの設定となる。

価格は、772.0万円。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 第429回:「ジャガーEペース」が華々しくデビュー
    ロンドンで開催されたワールドプレミアイベントに参加して
    2017.8.7 エディターから一言 英ジャガー・ランドローバーは去る7月、新型コンパクトSUV「ジャガーEペース」の発表イベントをロンドンで開催した。会場には大勢のセレブが駆けつけたほか、女性ボーカリストによるライブが催されるなど華々しいものとなった。その模様をリポートする。
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
ホームへ戻る