アウディ、Q7のパワートレインを一新

2010.07.21 自動車ニュース
「アウディQ7」オフロードスタイリングパッケージ装着車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディジャパンは2010年7月21日、SUVモデル「Q7」のパワートレインを一新し、発売した。新モデルは、3リッタースーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。

「アウディQ7」標準車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

「アウディQ7」のエンジンが一新された。従来は、3.6リッターV6の「3.6 FSI クワトロ」と4.2リッターV8の「4.2 FSI クワトロ」の2本立てだったが、今回、スーパーチャージャー付きV6エンジン搭載の「3.0 TFSI クワトロ」に1本化された。

このエンジンは、アウディのダウンサイジングコンセプトに基づいて開発されたもので、従来型より排気量が600cc小さくなったエンジンに過給機を加えることで、高トルク・低燃費化を実現。スペックは、最高出力272ps/4780-6500rpm、最大トルク40.8kgm/2150-4780rpm。従来の3.6リッターよりパワーは8ps下がったものの、トルク値では4.1kgm上回った。

トランスミッションは、新開発の8段ATを搭載。また、制動時および低負荷巡航時に、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を採用した。

これら動力系と駆動系の見直しにより、10・15モード燃費は8.6km/リッターと、従来の3.6リッターモデルより約13%向上。CO2排出量は、305g/kmから270g/kmに減少した。

「Q7」には、新たにオプションとして、専用フロント&リアアンダーカバー、左右ステップ、フェンダーアーチプロテクション、テールパイプフィニッシャーをセットにした「オフロードスタイリングパッケージ」(61.0万円)が設定された。

ハンドル位置は、右のみの設定となる。

価格は、772.0万円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ7 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.26 試乗記 旧型比で最大300kgものダイエットに成功した新型「アウディQ7」。新登場の2リッターモデルをダウンサイズの象徴として応援したいところだが、「3.0 TFSIクワトロ」のリッチは味わいには、あらがいがたい魅力があるのも確かだ。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る