アウディ、Q7のパワートレインを一新

2010.07.21 自動車ニュース
「アウディQ7」オフロードスタイリングパッケージ装着車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

アウディジャパンは2010年7月21日、SUVモデル「Q7」のパワートレインを一新し、発売した。新モデルは、3リッタースーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。

「アウディQ7」標準車
アウディ、「Q7」のパワートレインを一新し、発売

「アウディQ7」のエンジンが一新された。従来は、3.6リッターV6の「3.6 FSI クワトロ」と4.2リッターV8の「4.2 FSI クワトロ」の2本立てだったが、今回、スーパーチャージャー付きV6エンジン搭載の「3.0 TFSI クワトロ」に1本化された。

このエンジンは、アウディのダウンサイジングコンセプトに基づいて開発されたもので、従来型より排気量が600cc小さくなったエンジンに過給機を加えることで、高トルク・低燃費化を実現。スペックは、最高出力272ps/4780-6500rpm、最大トルク40.8kgm/2150-4780rpm。従来の3.6リッターよりパワーは8ps下がったものの、トルク値では4.1kgm上回った。

トランスミッションは、新開発の8段ATを搭載。また、制動時および低負荷巡航時に、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を採用した。

これら動力系と駆動系の見直しにより、10・15モード燃費は8.6km/リッターと、従来の3.6リッターモデルより約13%向上。CO2排出量は、305g/kmから270g/kmに減少した。

「Q7」には、新たにオプションとして、専用フロント&リアアンダーカバー、左右ステップ、フェンダーアーチプロテクション、テールパイプフィニッシャーをセットにした「オフロードスタイリングパッケージ」(61.0万円)が設定された。

ハンドル位置は、右のみの設定となる。

価格は、772.0万円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
Q7アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記 「アウディQ5」の高性能バージョンである「SQ5」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速5.4秒をマークする、最新スポーツSUVの実力とは? スポーツサスペンションを装着したエキサイティングな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.25 試乗記 30年を超える歴史を持つハイパフォーマンスセダン「BMW M5」が、6代目にモデルチェンジ。600psのV8ツインターボエンジンに、新採用の8段AT、そしてモデル史上初の4WDシステムと、話題満載の新型の実力を試した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る