【スペック】BMW320iクーペ:全長×全幅×全高=4610×1780×1400mm/ホイールベース=2760mm/車重=1490kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6700rpm、21.4kgm/4250rpm)/価格=468万円(テスト車=571万3000円/M Sportsパッケージ=48万円/アームレストの分割スライド機能=2万6000円/電動ガラスサンルーフ=17万円/LEDライトエレメント=4万4000円/ダコタレザー=31万3000円)

BMW&MINI新エンジン試乗会(BMW320iクーペ/135iクーペ、MINI ONE/クーパーSクラブマン)【試乗記】

ゴールは同じ 2010.07.16 試乗記 BMW&MINI新エンジン試乗会(BMW320iクーペ/135iクーペ、MINI ONE/クーパーSクラブマン)

環境性能を高めた新エンジン導入が続くBMW、MINI。燃費は向上したというが、その走りは変わったのか?

燃費大幅アップの勘所

2010年5月、相次いで発表されたBMWとMINIの新しいラインナップにあぜんとした。ほとんどのモデルの燃費が大幅にアップしているのだ。マニュアル仕様の「320iセダン」なんて、10・15モード燃費が12.8km/リッターから18.4km/リッターにジャンプアップ! その伸び率、なんと43.8%だ。これはタダゴトではない。

BMWといえば「駆け抜ける歓び」というフレーズが有名だが、最近は、走りの楽しさを失うことなく燃費向上を目指す「EfficientDynamics(エフィシェント・ダイナミクス)」を掲げているのはご存じのとおり。一方のMINIも、「MINIMALISM(ミニマリズム)」をテーマに、スポーティな走りと環境性能の両立を目指している。言葉は違うが、もちろんゴールは同じというわけだ。

燃費向上のためのアプローチとしては、パワートレインの効率を高める一方、車両全体のエネルギー消費を抑えるというのが常とう手段だ。BMWやMINIも、エンジンの直噴化や無段階可変バルブ制御の「バルブトロニック」、マニュアルベースのDCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)によりパワートレインを高効率化。これに加えて、アイドリングストップ(MTまたはDCT搭載車)をはじめ、電動パワーステアリング、エネルギー回生システム(充電制御システム)など、さまざまな技術を積み重ねることにより、低燃費を実現する。

 
BMW&MINI新エンジン試乗会(BMW320iクーペ/135iクーペ、MINI ONE/クーパーSクラブマン)【試乗記】の画像
「320i」のMT車、そして「M3」にもアイドリングストップ機構が与えられた。
「320i」のMT車、そして「M3」にもアイドリングストップ機構が与えられた。
「320iクーペ」の2リッターエンジン。直噴+リーンバーンを採用し、前モデルより約10%の出力アップを果たしながら、燃費は向上させた。
「320iクーペ」の2リッターエンジン。直噴+リーンバーンを採用し、前モデルより約10%の出力アップを果たしながら、燃費は向上させた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る