【スペック】全長×全幅×全高=4415×1795×1465mm/ホイールベース=2625mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4 DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(320ps/6400rpm、44.0kgm/4000rpm)/価格=473万5500円(テスト車=497万7000円/RECARO製バケットタイプフロントシート=21万円/特別塗装色ライトニングレッド=3万1500円)

スバル・インプレッサR205(4WD/6MT)【試乗記】

R40! 2010.07.15 試乗記 スバル・インプレッサR205(4WD/6MT)
……497万7000円

400台限定で発売された「スバル・インプレッサR205」。特別な名前に込められた、パフォーマンスの内容をリポートする。

スタートするなり肩すかし

STI(スバルテクニカインターナショナル)が400台の限定で特別に仕立てた「インプレッサ」ということで、「ヨシ!」と気合いを入れる。でっかいルーフスポイラーが、ただ者ではない雰囲気を醸している。イメージするのは、本2010年5月のニュルブルクリンク24時間レースでクラス4位に入賞した、「インプレッサWRX STI」だ。「R205」専用のアルミ製サイドシルプレートをまたいで乗り込み、オプションのレカロに収まってもう一度、心の中で「ヨシ!」とかけ声をかける。

重いは重いけれど作動自体は滑らかなクラッチを踏んで、320psにパワーアップした2リッター水平対向4気筒ターボを始動。ちなみに、ノーマルの「インプレッサWRX STI」は308ps。6MTを1速に入れ、割と奥のほうでつながるタイプのクラッチをミートする。「あれれ!?」。スタートして数十メートルで肩すかしを食らう。バッキンバッキンの武闘派を想像していたのに、乗り心地に荒っぽさが一切ないのだ。サスペンションがきれいにストロークするから、路面の不整とケンカにならない。むしろ、凸凹に合わせてダンスをする感覚だ。

エンジンだって扱いやすい。パワーが上がっているからといって、高回転域しか使えないピーキーな性格にはなっていない。2000rpmちょいも回せば、有効なトルクが湧いてくる。エンジンスペックでは最大トルクを4000rpmで発生することになっているけれど、トルク曲線を見ると2500rpm付近から最大トルクの80〜90%を発生していることがわかる。納得。ここまでの印象は高性能車というよりも、いいクルマというものだ。実際、「R205」の“R”は「RACE」や「RALLY」ではなく「ROAD」を意味するのだという。

合成皮革とファブリックからなるノーマルシートは、21万円の上乗せで写真のレカロ製スポーツシート(アルカンターラ×本革)に変更できる。
合成皮革とファブリックからなるノーマルシートは、21万円の上乗せで写真のレカロ製スポーツシート(アルカンターラ×本革)に変更できる。
「R205」は、エクステリアでノーマルと識別できる。LEDハイマウントストップランプを内蔵したルーフスポイラーやリアのアンダースポイラーは専用品だ。
「R205」は、エクステリアでノーマルと識別できる。LEDハイマウントストップランプを内蔵したルーフスポイラーやリアのアンダースポイラーは専用品だ。
ECUには専用チューニングが施されたほか、ターボには専用のボールベアリングがおごられる。インタークーラーウォータースプレーも備え、そのタンクは荷室のフロア下に配置。吸排気系もSTIがこのモデルのために開発したもの。
ECUには専用チューニングが施されたほか、ターボには専用のボールベアリングがおごられる。インタークーラーウォータースプレーも備え、そのタンクは荷室のフロア下に配置。吸排気系もSTIがこのモデルのために開発したもの。
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)【試乗記】 2012.1.23 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)
    ……184万8000円/266万7000円

    初代のデビューから20年の時を経て「スバル・インプレッサ」が4代目に進化。最新型の仕上がりを、巨匠 徳大寺有恒はどう評価する?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る