ランドクルーザーに60周年記念車登場

2010.07.14 自動車ニュース

「トヨタ・ランドクルーザー」に60周年記念モデル 5人乗り仕様も

トヨタ自動車は2010年7月13日、同社の最上級SUV「ランドクルーザー」に生誕60周年を記念するモデルと、5人乗り仕様車「GX」を設定。2010年8月2日に発売する。

本格的なオフロード走行性能で知られるトヨタの最上級SUV「ランドクルーザー」。
1951年にその初代が誕生してから60年目を迎え、“生誕60周年記念パッケージ”が、上級グレード「ZX」と標準グレード「AX」にそれぞれ設定された。
特別装備として、シート表皮とドアアームレストにブラックレザーが用いられ、クォーターピラーには「60th Anniversary」の文字が入った専用プレートが配される。また、スマートキーには、専用ロゴが入ったものが用意される。

“生誕60周年記念パッケージ”装着車の価格は、標準グレード「AX」の「Gセレクション」をベースとした「G 60thブラックレザーセレクション」が、542.0万円。上級グレード「ZX」がベースの「60thブラックレザーセレクション」は、692.0万円。ともにベース車より2.0万円高だ。

もうひとつの新グレード「GX」は、定員を5名に限定するとともに装備を簡素化し、価格を手頃なものに抑えたエントリーグレード。エクステリアでは、17インチスチールホイールや手動格納ミラーを採用し、インテリアは、ステアリングホイールとシフトノブにウレタン素材のものが採用された。他のグレードでは、標準装備となるフォグランプやクルーズコントロールなどはオプション化される。エンジンとトランスミッションは変更なく、他グレードと同じ318psの4.6リッターV8と6段ATの組み合わせとなる。

5人乗り「GX」の価格は、8人乗り標準グレード「AX」より35.0万円安い435.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「トヨタ・ランドクルーザーZX“60thブラックレザーセレクション”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“60thブラックレザーセレクション”」 拡大

関連キーワード:
ランドクルーザートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る