ランドクルーザーに60周年記念車登場

2010.07.14 自動車ニュース

「トヨタ・ランドクルーザー」に60周年記念モデル 5人乗り仕様も

トヨタ自動車は2010年7月13日、同社の最上級SUV「ランドクルーザー」に生誕60周年を記念するモデルと、5人乗り仕様車「GX」を設定。2010年8月2日に発売する。

本格的なオフロード走行性能で知られるトヨタの最上級SUV「ランドクルーザー」。
1951年にその初代が誕生してから60年目を迎え、“生誕60周年記念パッケージ”が、上級グレード「ZX」と標準グレード「AX」にそれぞれ設定された。
特別装備として、シート表皮とドアアームレストにブラックレザーが用いられ、クォーターピラーには「60th Anniversary」の文字が入った専用プレートが配される。また、スマートキーには、専用ロゴが入ったものが用意される。

“生誕60周年記念パッケージ”装着車の価格は、標準グレード「AX」の「Gセレクション」をベースとした「G 60thブラックレザーセレクション」が、542.0万円。上級グレード「ZX」がベースの「60thブラックレザーセレクション」は、692.0万円。ともにベース車より2.0万円高だ。

もうひとつの新グレード「GX」は、定員を5名に限定するとともに装備を簡素化し、価格を手頃なものに抑えたエントリーグレード。エクステリアでは、17インチスチールホイールや手動格納ミラーを採用し、インテリアは、ステアリングホイールとシフトノブにウレタン素材のものが採用された。他のグレードでは、標準装備となるフォグランプやクルーズコントロールなどはオプション化される。エンジンとトランスミッションは変更なく、他グレードと同じ318psの4.6リッターV8と6段ATの組み合わせとなる。

5人乗り「GX」の価格は、8人乗り標準グレード「AX」より35.0万円安い435.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「トヨタ・ランドクルーザーZX“60thブラックレザーセレクション”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“60thブラックレザーセレクション”」

関連キーワード:
ランドクルーザートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 新デザインの「トヨタ・ランドクルーザープラド」発売 2017.9.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月12日、マイナーチェンジしたSUV「ランドクルーザープラド」を発表。同日、販売を開始した。価格は、ガソリン車の353万8080円からディーゼル車の536万3280円まで。
  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編) 2017.9.7 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はトヨタモデリスタが手掛ける究極の「トヨタ・アルファード」に試乗する。旅客機のファーストクラスもかくやのぜいたくな室内を、谷口視点でじっくりチェック!
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る