第410回:エコなEVはレース界も救う? コージ、たぶん世界初の公認EVシリーズ戦に出場す

2010.07.14 エッセイ

第410回:エコなEVはレース界も救う? コージ、たぶん世界初の公認EVシリーズ戦に出場す

EVでジムカーナ

もはや電気自動車(EV)でなければ、クルマじゃない!? とまでのムードが漂いつつある日本。そんなに早く普及するわきゃないだろ! というイヤミな俺と、結構出回るかもな〜とポジティブな俺とのはざまで揺れ動いている不肖・小沢ですが、先日知り合いのEV冒険野郎、ZEVEX鈴木一史さんからお誘いがあり、日本初! いや世界初(!?)の公的団体(JAF)公認の電気自動車シリーズ戦に参加してまいりましたっ! ミーハーだなぁ、我ながら(笑)。

それは、JMRC神奈川ジムカーナ部会に新設されたEVクラス。ポイントはある種の利害の一致で、競技人口減少に悩む神奈川ジムカーナと、なにか面白い事をしたい! と考えるEV冒険団体「ZEVEX」の鈴木さんが出会い、なんかできない? で、2009年に始まったのが、自作「ミゼットII EV」によるEVジムカーナ。要するにエコな電気自動車でレースすれば、もっと盛り上がるでしょう! というわけだが、正直台数が少なくて、シリーズ戦にはならなかった。

しかし、どうせやるならもっと盛り上げねば! と2010年、ZEVEXがミゼットII EVを2台に増やし、三菱自動車にも協力をお願いしたところ、「i-MiEV」を2台も出してくれることになり、しかも1台につきドライバー2人登録の、ダブルエントリー方式を利用すれば、1レース最大8名のドライバーが参戦可能! よってついに今年、年間シリーズのEVチャンピオンシップが新設されることになったわけです。
で、新しもの好きジャーナリストである不肖・小沢にも声がかかったわけですが、まずはいきなり結論……チョー牧歌的です(笑)。

実はジムカーナは、モータースポーツの中でもかなりマニアックな部類。以前何回か取材したことありましたが、久々にみてビックリ。こ、ここは時間が止まってるのか〜! 出てる車両がまず仰天で、「トヨタMR2」にはじまり、旧型「ランエボ」や5代目「シビック」などなど。まさにバブル前後のクルマ黄金時代の再現! 出てるドライバーの方々も、なんとも『イニシャルD』なニオイのするすてきな方ばかり。ああ、クルマ熱よ、こんなところで燃えさかっていたとは……。

そんな超体育会集団の中に、極細ノーマルタイヤで連続定格出力わずか15ps、瞬間40ps近いミゼットII EVで出ようってのは、まさに体育会系の文化系というか、ライオンの中のヤギ。車重1トン前後と軽めは軽めだが、1人牧歌的バトルとなったわけです。


第410回:エコなEVはレース界も救う? コージ、たぶん世界初の公認EVシリーズ戦に出場す
“EV冒険野郎”ことZEVEXの鈴木一史さん(右)と、、ZEVEXレーシングチーム監督の大津志伸さん。
第410回:エコなEVはレース界も救う? コージ、たぶん世界初の公認EVシリーズ戦に出場す

第410回:エコなEVはレース界も救う? コージ、たぶん世界初の公認EVシリーズ戦に出場す

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』