【スペック】パナメーラ4:全長×全幅×全高=4970×1931×1418mm/ホイールベース=2920mm/車重=1820kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(300ps/6200rpm、40.8kgm/3750rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・パナメーラ(FR/6MT)/ポルシェ・パナメーラ4(4WD/7AT)【海外試乗記】

デカイ体躯を忘れさせる 2010.07.14 試乗記 ポルシェ・パナメーラ(FR/6MT)/ポルシェ・パナメーラ4(4WD/7AT)

ポルシェ初の4ドアサルーン「パナメーラ」にV6モデルが追加。小さなエンジンの恩恵をいち早く確かめるため、本国ドイツでの試乗会に参加した。

思いのほか活発

登場から1年が経過し、そろそろ路上で遭遇する機会も増えてきた「ポルシェ・パナメーラ」に、かねてより追加が噂されていたV型6気筒エンジン搭載モデルが、いよいよ加わった。モデル名は後輪駆動が「パナメーラ」、フルタイム4WDが「パナメーラ4」となる。

エンジンはいずれも共通で、3605ccの排気量から最高出力300ps/6200rpm、最大トルク40.8kgm/3750rpmを発生する。ちなみに「パナメーラS/4S」が積むV型8気筒自然吸気エンジンは最高出力400psだから、こちらも気筒数と同じく、ちょうど4分の3ということになる。一方、車重はパナメーラ欧州仕様の発表値が1730kgで、こちらはパナメーラSより40kg軽い。

最初に乗ったのはパナメーラ4。7段PDKと組みあわされるこのクルマの車重は1820kgになるだけに、事前にはさすがに300psではかったるいかもしれないと覚悟したが、実際には思いのほか活発な印象で驚いた。これは2000rpmですでに最大トルクの9割ほどを発生する、実用域のトルク重視のエンジン特性のたまものといえる。

一方で、トップエンドにかけての伸びはそれほど強烈には感じられない。しかし、これは低速域の力強さによって、余計にそう感じるという部分も小さくなさそうだ。実際、300psの最高出力は6200rpmという高回転域で発生し、そこまでは心地良いサウンドとレスポンスの変化を満喫できる。ありあまるほどのパワーはないが、しかし十分に力強く、回す喜びもしっかり備わった、スポーツ心臓に仕上がっているのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」の会場から 2016.12.20 画像・写真 2016年12月20日、新型「ポルシェ・パナメーラ」の先行公開イベント「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」が東京・恵比寿で開催された。女優の真矢ミキさんや音楽家の高橋幸宏さんもゲスト出演した、会場の様子を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る