【スペック】パナメーラ4:全長×全幅×全高=4970×1931×1418mm/ホイールベース=2920mm/車重=1820kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(300ps/6200rpm、40.8kgm/3750rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・パナメーラ(FR/6MT)/ポルシェ・パナメーラ4(4WD/7AT)【海外試乗記】

デカイ体躯を忘れさせる 2010.07.14 試乗記 ポルシェ・パナメーラ(FR/6MT)/ポルシェ・パナメーラ4(4WD/7AT)

ポルシェ初の4ドアサルーン「パナメーラ」にV6モデルが追加。小さなエンジンの恩恵をいち早く確かめるため、本国ドイツでの試乗会に参加した。

思いのほか活発

登場から1年が経過し、そろそろ路上で遭遇する機会も増えてきた「ポルシェ・パナメーラ」に、かねてより追加が噂されていたV型6気筒エンジン搭載モデルが、いよいよ加わった。モデル名は後輪駆動が「パナメーラ」、フルタイム4WDが「パナメーラ4」となる。

エンジンはいずれも共通で、3605ccの排気量から最高出力300ps/6200rpm、最大トルク40.8kgm/3750rpmを発生する。ちなみに「パナメーラS/4S」が積むV型8気筒自然吸気エンジンは最高出力400psだから、こちらも気筒数と同じく、ちょうど4分の3ということになる。一方、車重はパナメーラ欧州仕様の発表値が1730kgで、こちらはパナメーラSより40kg軽い。

最初に乗ったのはパナメーラ4。7段PDKと組みあわされるこのクルマの車重は1820kgになるだけに、事前にはさすがに300psではかったるいかもしれないと覚悟したが、実際には思いのほか活発な印象で驚いた。これは2000rpmですでに最大トルクの9割ほどを発生する、実用域のトルク重視のエンジン特性のたまものといえる。

一方で、トップエンドにかけての伸びはそれほど強烈には感じられない。しかし、これは低速域の力強さによって、余計にそう感じるという部分も小さくなさそうだ。実際、300psの最高出力は6200rpmという高回転域で発生し、そこまでは心地良いサウンドとレスポンスの変化を満喫できる。ありあまるほどのパワーはないが、しかし十分に力強く、回す喜びもしっかり備わった、スポーツ心臓に仕上がっているのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る