第1回:四国遍路ってなんだ?(その1)〜私たちは二度も四国に旅立った

2010.07.12 エッセイ

第1回:四国遍路ってなんだ?(その1)〜私たちは二度も四国に旅立った

現役時代はクルマにどっぷりつかっていた大川悠(webCG初代エグゼクティブ・ディレクター)が、何を思ったか四国八十八カ所の歩き遍路に挑戦した。しかも2年連続して四国を2周し、合計2400kmを完全に歩き通してきた。長い間クルマの世界に生きてきた人間が、歩く側という立場になったときに、一体何を感じたのか? 日本の自動車をめぐる社会に何を思ったのか? 歩き遍路から見た日本のモータリゼーションをつづる。

金剛づえと菅笠を整え、白衣を着てスタートする。2度目、2010年、一番札所の霊山寺で。
金剛づえと菅笠を整え、白衣を着てスタートする。2度目、2010年、一番札所の霊山寺で。
遍路とは、果てなく思える道を歩きながら、お寺を巡って納経するという行為だが、歩き疲れたとき、やっと山門が見えてきたときは、いつでもうれしい。44番大宝寺。
遍路とは、果てなく思える道を歩きながら、お寺を巡って納経するという行為だが、歩き疲れたとき、やっと山門が見えてきたときは、いつでもうれしい。44番大宝寺。

迷故三界城

「迷故三界城・悟故十方空・何処有南北・本来無東西」。四国を歩く遍路がかぶる菅笠(すげがさ)には、こういう文字が書かれている。
迷っていると閉じ込められているように思うけれど、悟ってしまえばすべての世界は空(くう)なのだよ。もともと東西や南北なんていう概念もない。つまり、いったん腹を据えてしまえば、この世は限りなく自由なのだよ、と勝手に解釈できる。

その「空」を求めて四国に出た。2009年3月初旬、私と家内は四国八十八カ所、歩き遍路の旅に出た。
そして52日をかけて1200km少々を完全に歩ききって帰京した後、二人とも何だかちょっと腑(ふ)抜けのようになった。

四国遍路の世界はあまりにも異質だった。私たちはあたかもタイムスリップして、別の時空というか別世界をさまよっているような感じがした。おかげで、東京の日常に戻ったときに、社会適応ができなくなったようでもあった。
東京に戻っても、というか東京に戻るとまた、私たちは三界を城に囲まれているような気持ちになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。