【スペック】全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直列4気筒DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=209万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3(FF/4AT)【試乗記】

2010年上半期のベスト、だけど…… 2010.07.12 試乗記 シトロエンC3(FF/4AT)
……209万円

フランス車をアシにする、サトータケシが新型「C3」に試乗。その走り、乗り心地の良さに感心しながらも、やっぱり万人向けじゃないかもと感じたりもして……。

メッシとのポジション争い

5月から日本に導入された新しいコンパクトカー「シトロエンC3」で帰宅して、すぐに入れ替わりでわが愛車「ルノー・メガーヌ1.6」(前期型)を引っ張り出す。お尻に「C3」のシートの感触や乗り心地が残っているうちに比べてみたかったのだ。比べてみて、「あぁ、やっぱり」と思う。C3のほうが明らかに乗り心地がいい。そのシートとカッコにほれて購入に至った「メガーヌ」であるけれど、シートの掛け心地もC3が上だ。C3のシートは、サイズこそメガーヌのものより小ぶりだけれど、背中、腰、お尻、そして太ももにかけてをふんわり包むようにサポートする。

シトロエンC3が5月に発表された時に、「なんてタイミングの悪い、なんてかわいそうな」と思ったことを告白せねばならない。直接のライバルである「フォルクスワーゲン・ポロ TSI コンフォートライン」があまりに強力なスペックを備えているからだ。「ポロ」は、ダウンサイジングという最新トレンドにのっとった1.2リッターのTSIエンジンに7段DSGを組み合わせ、20km/リッターという10・15モード燃費を達成。一方、1.6リッターエンジン搭載のC3のトランスミッションは古色蒼然(そうぜん)とした4段ATで、10・15モード燃費は12.3km/リッター。完全にスペック負けしている。

値段を比べるとC3のベーシック仕様が209万円で「ポロ TSI コンフォートライン」が213万円。一見、価格勝負だったらC3有利にも思える。ところがどっこい、209万円のC3にはESP(横滑り防止装置)が付いていないのだ。対するポロ TSI コンフォートラインの213万円は、ESPを含んだ価格。

メーカーによって、ESPではなくVSCとかESCとかいろいろ呼び方があって紛らわしいけれど、個人的にこの安全装置が付かないクルマを買う気にはなれない。そこでC3にESPを装着しようとすると、上級グレードの「C3 エクスクルーシブ」を選ばないといけない。すると価格は、239万円にポンとハネ上がるのだ。ポロと競うということは、FCバルセロナのメッシとポジション争いをするようなもの。C3に勝ち目はないように思えた。けれども……。

 
シトロエンC3(FF/4AT)【試乗記】の画像
外観から想像するよりはるかに後席が広いことが印象的。大人4名の長距離ドライブに十分耐える。
外観から想像するよりはるかに後席が広いことが印象的。大人4名の長距離ドライブに十分耐える。
新型「シトロエンC3」は、先代「C3」より105mm長く、60mm幅広く、10mm背が低くなった。ホーイールベースが5mmだけ長くなっているが、基本骨格は先代用を熟成させたもの。
新型「シトロエンC3」は、先代「C3」より105mm長く、60mm幅広く、10mm背が低くなった。ホーイールベースが5mmだけ長くなっているが、基本骨格は先代用を熟成させたもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る