第10戦イギリスGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.07.11 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第10戦イギリスGP、ウェバー完勝で今季3度目のV

F1世界選手権第10戦イギリスGP決勝が、2010年7月11日、イギリスのシルバーストーン・サーキット(5.901km)を52周して行われた。

満を持して母国でマシンアップデートを敢行してきたマクラーレンだったが、レッドブルから最速の座を奪うことはできなかった。
予選2位のマーク・ウェバーが、ルイス・ハミルトンを従えて、第6戦モナコGP以来となる今季3勝目をパーフェクトなカタチで勝ち取った。2位ハミルトンは4連続の表彰台となる。

3位にはメルセデスのニコ・ロズベルグが入り、第4戦中国GPから遠ざかっていたポディウムに返り咲いた。

今年2度目の予選Q2敗退で14番グリッドに沈んだマクラーレンのジェンソン・バトンが4位でフィニッシュ。シルバーストーンを得意とするウィリアムズ・コスワースのルーベンス・バリケロが5位、予選12位から着実にポジションをあげたザウバー・フェラーリの小林可夢偉が今年最高位の6位で3度目の入賞を果たした。

ポールシッターのセバスチャン・ベッテルは、オープニングラップのパンクで最後尾まで落ちたが、終盤にかけての怒濤の追い上げでレッドブルを7位でフィニッシュさせた。フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティル8位、メルセデスのミハエル・シューマッハー9位、そしてウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグが10位でゴールし最後の1点を手に入れた。

以下、11位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)、12位セバスチャン・ブエミ(トロソッソ・フェラーリ)、13位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、14位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、15位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、16位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス・コスワース)、17位ヘイキ・コバライネン(ロータス)、18位ティモ・グロック(バージン・コスワース)、19位カルン・チャンドック(HRTコスワース)、20位山本左近(HRT)が完走した。

レースではレッドブルの後塵を拝したが、マクラーレンのハミルトンが145点で引き続きチャンピオンシップをリード。133点のバトンが2位のままで、1-2フォーメーションを守っている。ウィナーのウェバーが25点を追加し128点で順位をひとつ上げ3位、ベッテルが121点でそれを追う展開だ。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、マクラーレン278点、レッドブル249点と順位はそのまま。今回無得点に終わった3位フェラーリの165点に、メルセデスが39点差まで詰め寄った。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。