第150回:噂の若手デザイナー、サーブの「古典」に挑戦

2010.07.10 エッセイ

第150回:噂の若手デザイナー、サーブの「古典」に挑戦

サーブの男

スウェーデンのサーブ・オートモビルズが2010年2月、オランダを本拠とするスパイカーカーズの傘下に入ったことは多くの人が知るとおりだ。
2009年半ばにGMがサーブ売却を決めたあと、一時はスウェーデンのケーニグセグ・オートモーティブが買収することで話がまとまりかけたが交渉が決裂、その末のことだった。

試しに今日、日本語のインターネットサイトで「サーブ」を検索すると、「テニスのサーブ」「卓球のサーブ」もたくさん引っかかってきてしまう。1980年代に高級輸入車の一例として頻繁に扱われた時代だったら、もっとクルマのサーブが引っかかっていたことだろうに。

実際サーブの2009年生産台数は、約2万1000台に過ぎなかった。「数が少ないからプレミアム」といえばそれまでだが、メルセデス・ベンツの78万4000台、BMWの87万7000台からすると見る影もない。
そのように前途不透明なサーブだが、最近それに関して話すときある男の姿が浮上するようになった。男の名は、ジェイソン・カストリオータという。

ピニンファリーナ「マセラティ・バードケージ75th」。2006年パリ・レトロモビル会場で。
ピニンファリーナ「マセラティ・バードケージ75th」。2006年パリ・レトロモビル会場で。
2009年4月、ヴィラ・デステ・コンクールに現れたスティーレ・ベルトーネ「マンティデ」。
2009年4月、ヴィラ・デステ・コンクールに現れたスティーレ・ベルトーネ「マンティデ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。