フィアット500に2気筒モデルが登場

2010.07.09 自動車ニュース

「フィアット500」に、875ccの2気筒モデル登場

伊フィアットは、コンパクトモデル「フィアット500」に新開発の2気筒エンジンを搭載すると発表した。

■小さくてもスゴいやつ

2010年3月のジュネーブショーで初公開された新型2気筒エンジン「ツインエア」が、晴れて「フィアット500」に搭載されることになった。

2気筒といえば、1950〜1970年代に販売された“ご先祖モデル”と同じシリンダー数。「フィアット500」マニアなら思わず反応――するかどうかはともかく、フィアットが言うには、「自動車業界に新風を吹き込み、我が社の優位を決定付ける」自慢のパワーユニットである。

ポイントは、ドイツのフォルクスワーゲンも推し進める、排気量のダウンサイジングと過給機(ターボ)の併用。さらに、先にアルファ・ロメオの「ミト」でも採用されたフィアットグループ独自のバルブ駆動システム「マルチエア」も組み合わされ、既存のエンジンより理想的なパフォーマンスと燃費、低公害性をも手に入れたという。

実際の排気量は、わずか875cc。寸法でみれば、先に搭載されている直4ユニットより23%短く、重量も10%軽い仕上がりだ。

「ツインエア」ユニットは、65psから105psまで複数のユニットが用意されるが、このうち「フィアット500」に積まれるのは、85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpmを発生するもの。成績のほうは、0-100km/h加速が11秒で、最高速度は173km/h。燃費値(2ペダル式MT「デュアロジック」車)は順に、市街:21.7km/リッター、郊外:27.7km/リッター、総合:24.4km/リッターという内容。
メーカーも、「現行の1.4リッター直4モデル(100ps/6000rpm、13.4kgm/4250rpm)に迫るパフォーマンスを発揮しながら、燃料消費量は30%も少ない」と胸を張る。

85psモデルを含む2モデルには、「エコボタン」も用意される。これは、一部日本車でもおなじみのシステムで、ひとたびボタンを押せば、エンジンの出力を抑えるなどして、市街地における燃費性能をより向上させるというもの。
ほかエコな機能としては、標準でアイドリングストップシステムが付くのもポイントだ。

そんな2気筒の「フィアット500」が市場にお目見えするのは、今年の秋から。やがては、天然ガスが併用できる「メタンバージョン」の追加も見込まれている。

(webCG 関)


フィアット500に2気筒モデルが登場の画像
ひょろりとした細身のシルエットが印象的な、新開発の2気筒エンジン「ツインエア」。
ひょろりとした細身のシルエットが印象的な、新開発の2気筒エンジン「ツインエア」。
新エンジンには、先に「アルファ・ロメオ ミト」にも採用された吸気バルブ制御システム「マルチエア」が備わる。(スロットルバルブではなく)吸気バルブそのものの開度を油圧で制御することにより、吸気を管理するシステムで、従来型エンジンに比べ、最高出力で10%、低域トルクで15%のアドバンテージが得られるという。
新エンジンには、先に「アルファ・ロメオ ミト」にも採用された吸気バルブ制御システム「マルチエア」が備わる。(スロットルバルブではなく)吸気バルブそのものの開度を油圧で制御することにより、吸気を管理するシステムで、従来型エンジンに比べ、最高出力で10%、低域トルクで15%のアドバンテージが得られるという。
新エンジンは、今秋からお目見え。「フィアット500」とそのオープンモデル「500C」(写真左)に搭載される。
新エンジンは、今秋からお目見え。「フィアット500」とそのオープンモデル「500C」(写真左)に搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る