【スペック】全長×全幅×全高=4885×1915×1380mm/ホイールベース=2940mm/車重=2070kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(440ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)/価格=1850万円(テスト車=1957万3000円/ダッシュボードカラー=11万5000円/ソフトトップカラー=14万7000円/カーペットパイピング=1万1000円/ステアリング&シフトレバー&シフトブーツカラー=3万1000円/ムーンウッドインテリアパネル=31万5000円/メタリックペイント=15万2000円/AUX-INコネクター=8000円/BOSEサラウンドシステム=23万1000円/自動防眩(ぼうげん)ミラー=6万3000円)

マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】

流して楽しめるスポーツカー 2010.07.09 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
……1957万3000円

ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?

魅惑のオープンスポーツ

オープンカーには「見られる快感」があるというが、少なくとも私にはあてはまらない。プライベートでも所有したことがあるし、仕事で乗る機会も少なくないけれど、快感どころか、気恥ずかしいくらいだ。「マセラティ・グランカブリオ」のように、ひときわ目立つモデルならなおさらのこと。けれども、グランカブリオを駆ってのオープンエアモータリングは、気恥ずかしさを忘れさせるほどの楽しさに満ちあふれていた。

近頃は、「BMW Z4」や「フェラーリ・カリフォルニア」などメタルトップのカブリオレでも、お世辞抜きにカッコいいといえるモデルが登場している。私には、ソフトトップを携えるグランカブリオの破綻(はたん)のないプロポーションが、その何倍も魅力的に見える。
押しの強いフロントマスクと低く流れるようなフォルムが絶妙のバランスをつくりあげている「グラントゥーリズモ」。これがベースのグランカブリオには、クーペとはまた違う優雅さが漂っている。インテリアも実に印象的だ。明るいベージュのレザーシートは、座るのをためらうほど奇麗だった。ダッシュボードはワインレッドとベージュのツートーンで、その境界に置かれた白のウッドパネルが、ぜいたくなインテリアをより上質なものにしている。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「水野和敏的視点」 vol.41「マセラティ・ギブリ」&「マセラティ・グラントゥーリズモ」 2014.3.21 mobileCG 「マセラティ・ギブリ」のここに注目! ミスターGT-Rが試乗する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ジャガーFタイプ R AWD クーペ (4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.26 試乗記 最高出力550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジンと、フルタイム4WDを組み合わせた「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗。Fタイプシリーズの中でも屈指の高性能モデルの走りと、その端々に宿るジャガーならではの魅力を報告する。
  • ポルシェ911カレラ4シリーズ【海外試乗記】 2012.12.6 試乗記 ポルシェ911カレラ4シリーズ

    「ポルシェ911」シリーズに四駆モデルの「カレラ4」が加わった。RR派を自認する筆者をうならせた(?)新型「911カレラ4」の走りをオーストリアからお届けする。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
ホームへ戻る