無限、ホンダ・フリードスパイク用パーツ発売

2010.07.08 自動車ニュース

無限、「ホンダ・フリードスパイク」用パーツ発売

無限(M-TEC)は、「ホンダ・フリードスパイク」用に各種カスタマイズパーツを開発。2010年7月9日に発売する。

コンパクトミニバン「フリード」を5人乗り仕様に仕立て直し、荷室の使い勝手を向上させたという「フリードスパイク」。その発売と同時に、ホンダ車のチューニングを手がける無限から、各種カスタマイズパーツが発売された。

代表的なものとしては、車体前後およびサイドを飾るアンダースポイラーや、ウィングスポイラーといったエアロパーツ。さらに、フロントスポイラーにはLEDイルミネーションも追加できる。

ほか、「スポーツサイレンサー」や「スポーツサスペンション」といった機能パーツもラインナップ。タイヤ空気圧のモニタリングシステムなど、全30以上の品目が用意される。

さらに詳しい情報は、無限のオフィシャルサイトにて。

(webCG 関)

 
無限、ホンダ・フリードスパイク用パーツ発売の画像
フロントバンパー両端に装着する「エアロイルミネーション」。お値段は、3万8850円。
フロントバンパー両端に装着する「エアロイルミネーション」。お値段は、3万8850円。
「スポーツサイレンサー」。排気はワンウェイだが、見た目だけ左右2本出しにできる「コスメティックフィニッシャー」も用意される。
「スポーツサイレンサー」。排気はワンウェイだが、見た目だけ左右2本出しにできる「コスメティックフィニッシャー」も用意される。
 
無限、ホンダ・フリードスパイク用パーツ発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る