BMW、4代目「M5」の生産を終了

2010.07.08 自動車ニュース

BMW、4代目「M5」の生産を終了

独BMWは、「5シリーズ」の高性能モデル「M5」(E60型)の生産を終了したと発表した。

独BMWは、2004年に登場した4代目「M5」の生産を終了したと発表した。E60型「M5」は、6年間で計2万548台が生産され、先代にあたるE39型「M5」(1998〜2003年)の生産台数を上回った。

2007年にはワゴン版「M5ツーリング」(E61型)が追加され、一部の市場で販売された(日本未導入)。生産終了時点での内訳は、セダンが1万9523台、ツーリングは1025台と、前者が大多数を占めた。

市場別にみると、もっとも販売台数が多かったのは北米で8800台。続いてイギリス(アイルランドを含む)が1776台、ドイツが1647台。日本は1357台で、4番目に大きな市場だった。

なお4代目「M5」は、日本においては2010年3月、「5シリーズセダン」のフルモデルチェンジを機にオフィシャルホームページから姿を消しており、在庫がなくなり次第、販売終了となるという。

(webCG 曽宮)

2004年に、5代目「5シリーズ」の高性能モデルとして登場した、4代目「M5」。
2004年に、5代目「5シリーズ」の高性能モデルとして登場した、4代目「M5」。 拡大

関連キーワード:
M5セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編) 2018.7.12 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
ホームへ戻る