【スペック】全長×全幅×全高=4345×1900×1165mm/ホイールベース=2560mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(560ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm)/価格=2533万1250円(テスト車=3052万2975円)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】

スーパースターよ永遠に 2010.07.08 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
……3052万2975円
560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。

1Q77(?)

白く塗られた「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4」を目の前にした瞬間、1977年の記憶がよみがえった。1975年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した『サーキットの狼』が作った小さな波紋はやがて巨大な渦となり、当時の小学生のほとんどを飲み込んだ。
5年3組のクラスメートで、お豆腐屋さんの長男だった増岡君(愛称マッサン)は一夜にして全校のヒーローになった。月曜の夜に東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で放映していた『対決! スーパーカークイズ』に“出走”したからだ。一人勝ち抜きに成功した丸顔のマッサンは、惜しくも「シルエットクイズ」(その名の通り、シルエットだけで車名をあてるクイズ)で「ランボルギーニ・ウラッコ」が答えられず、敗退してしまった−−。

ガヤルドの外観デザインには、ひと目見ただけで遠い昔のちっぽけな記憶を呼び覚ますパワーがあるのか。あるいは“スーパーカー銀座”の青山や六本木でもめったに見かけない希少性が、見る者の心に強い衝撃を与えるのか。ま、どちらもハズれではないけれど、やはりスーパーカー世代は「カウンタック最高!!」と刷り込まれているのだろう。
ガヤルドにはカウンタック直系の雰囲気がある。2008年のマイナーチェンジでフロントのエアインテークがシャープな形になり、リアのコンビネーションランプが横長になって、さらに“カウンタック感”が増した。マイチェンでカッコよくなるというのは、結構珍しい例だと思う。

カッコと最高速の数字だけでゴハン3杯はいけた小学5年生も、40歳を超えるとあれこれ生意気なことを言うようになる。スーツ姿のオフィスワーカーが行き交う東京の景色から明らかに浮いている外観と違って、インテリアはビジネス街にもしっくりくる。空調類のスイッチやドアミラーの調整ノブなど、どこかで見たことがある部品もちらほら……。兄弟というかいとこというか、インテリアは「アウディR8」との血縁関係を感じさせる。ただし、低い着座位置から見る眺めはあまり見たことのないもの。ドライバーの頭が通りを行く人の腿(もも)のあたりに位置しているのは、なかなか慣れない。

パッと見た印象は「アウディR8」に似ているものの、ガヤルドの方がスイッチ類のデザインがエグくなるなど、差別化を図っている。また、センターコンソールにシフトセレクターが屹立(きつりつ)していないのも、R8との違い。
パッと見た印象は「アウディR8」に似ているものの、ガヤルドの方がスイッチ類のデザインがエグくなるなど、差別化を図っている。また、センターコンソールにシフトセレクターが屹立(きつりつ)していないのも、R8との違い。
サスペンション形式は前後ダブルウィッシュボーン。タイヤサイズは前235/35ZR19、後295/30ZR19で、試乗車が履いていた銘柄はピレリP-ZERO CORSAだった。前後の重量配分は43:57となる。
サスペンション形式は前後ダブルウィッシュボーン。タイヤサイズは前235/35ZR19、後295/30ZR19で、試乗車が履いていた銘柄はピレリP-ZERO CORSAだった。前後の重量配分は43:57となる。
ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る