【スペック】全長×全幅×全高=4345×1900×1165mm/ホイールベース=2560mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(560ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm)/価格=2533万1250円(テスト車=3052万2975円)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】

スーパースターよ永遠に 2010.07.08 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
……3052万2975円
560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。

1Q77(?)

白く塗られた「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4」を目の前にした瞬間、1977年の記憶がよみがえった。1975年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した『サーキットの狼』が作った小さな波紋はやがて巨大な渦となり、当時の小学生のほとんどを飲み込んだ。
5年3組のクラスメートで、お豆腐屋さんの長男だった増岡君(愛称マッサン)は一夜にして全校のヒーローになった。月曜の夜に東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で放映していた『対決! スーパーカークイズ』に“出走”したからだ。一人勝ち抜きに成功した丸顔のマッサンは、惜しくも「シルエットクイズ」(その名の通り、シルエットだけで車名をあてるクイズ)で「ランボルギーニ・ウラッコ」が答えられず、敗退してしまった−−。

ガヤルドの外観デザインには、ひと目見ただけで遠い昔のちっぽけな記憶を呼び覚ますパワーがあるのか。あるいは“スーパーカー銀座”の青山や六本木でもめったに見かけない希少性が、見る者の心に強い衝撃を与えるのか。ま、どちらもハズれではないけれど、やはりスーパーカー世代は「カウンタック最高!!」と刷り込まれているのだろう。
ガヤルドにはカウンタック直系の雰囲気がある。2008年のマイナーチェンジでフロントのエアインテークがシャープな形になり、リアのコンビネーションランプが横長になって、さらに“カウンタック感”が増した。マイチェンでカッコよくなるというのは、結構珍しい例だと思う。

カッコと最高速の数字だけでゴハン3杯はいけた小学5年生も、40歳を超えるとあれこれ生意気なことを言うようになる。スーツ姿のオフィスワーカーが行き交う東京の景色から明らかに浮いている外観と違って、インテリアはビジネス街にもしっくりくる。空調類のスイッチやドアミラーの調整ノブなど、どこかで見たことがある部品もちらほら……。兄弟というかいとこというか、インテリアは「アウディR8」との血縁関係を感じさせる。ただし、低い着座位置から見る眺めはあまり見たことのないもの。ドライバーの頭が通りを行く人の腿(もも)のあたりに位置しているのは、なかなか慣れない。

パッと見た印象は「アウディR8」に似ているものの、ガヤルドの方がスイッチ類のデザインがエグくなるなど、差別化を図っている。また、センターコンソールにシフトセレクターが屹立(きつりつ)していないのも、R8との違い。
パッと見た印象は「アウディR8」に似ているものの、ガヤルドの方がスイッチ類のデザインがエグくなるなど、差別化を図っている。また、センターコンソールにシフトセレクターが屹立(きつりつ)していないのも、R8との違い。
サスペンション形式は前後ダブルウィッシュボーン。タイヤサイズは前235/35ZR19、後295/30ZR19で、試乗車が履いていた銘柄はピレリP-ZERO CORSAだった。前後の重量配分は43:57となる。
サスペンション形式は前後ダブルウィッシュボーン。タイヤサイズは前235/35ZR19、後295/30ZR19で、試乗車が履いていた銘柄はピレリP-ZERO CORSAだった。前後の重量配分は43:57となる。
ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る