「アルファ147 2.0ツインスパークC'N'C'」。ブースにはコスチュームナショナルのアイテムが展示され、コレクションの映像も流される。
自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】

【みどころナビ】自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目

自動車メーカーとファッションブランドのコラボというと、いまいちダサいというのがこれまでの定説。けれど今回の東京モーターショーのコラボモデルは相当カッコよかったので、一度ご覧になってはいかがでしょう。

「インプレッサ・ビームスエディション」。市販化される際には、ほかにブラウンとシルバーのボディカラーが用意される予定とか。
自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】
洋服だけでなく、レコードや家具などライフスタイル全般を手がけるビームスらしい演出。
自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】
「ケイマンS ポルシェデザイン・エディション1」。内装の特徴は、ポルシェデザインのクロノグラフウォッチをイメージした計器類。ノーマルのケイマンSより10mm車高が低められている。
自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】

■オシャレ派はもちろん、デートコースにも!

まず、アルファ・ロメオとイタリアのファッションブランドであるコスチュームナショナルがコラボレートした「アルファ147 2.0ツインスパーク」。クロームメッキ仕上げのマフラーや、専用塗装&専用デザインで足もとを引き締めるアルミホイールなど、派手ではないけれど見る人が見れば「なるほど!」と唸る渋い仕上がり。そうそう、コスチュームナショナルは、ドゥカティのMOTO GPチームをスポンサードしていたんだっけ。乗り物好きのキモチがわかったファッションブランドなんですね。このモデルは、全世界で1000台の限定仕様です。

スバルのブースでは、シックなオレンジ色に塗られた「インプレッサ」が展示されています。これはインプレッサのビームス・エディション。ブラックの革シートのステッチにも、ビームスのイメージカラーであるオレンジがあしらわれています。これまた、控えめながらセンスがいい感じ。スバルというと、「中味はいいけれど、あまりに質実剛健でちょっと垢抜けない」というイメージでした。でも、このクルマはハッピーで明るいムードに包まれています。全国の垢抜けない青少年(つまり私)が、ビームスからカジュアルウェアの着こなしを教わったことを思いだしました。

最後が、ポルシェとポルシェデザインがコラボした「ケイマン」。ポルシェデザイン社は2003年にポルシェの100%子会社となりましたが、基本的にはまったくの別組織。ポルシェデザインは、腕時計やアパレルなど、幅広くインダストリアルデザインを手がけるデザイン会社です。以前は、「スバル・レガシィ ブリッツェン」という限定モデルのデザインを担当したこともありました。会場で見た「ケイマンS ポルシェデザイン・エディション1」は、同社がデザインするヘルメットやウォッチのようにクールなスタイル。アルカンターラを用いた内装も、外観と同じ雰囲気でまとめられ、全体に統一感があります。

この3台に共通しているのは、そのクルマが持つ本来の魅力を引き出すような演出が施されているということ。だから、クルマ好きが見てもまったく違和感がありません。オシャレ派はもちろん、ガールフレンドとデートでモーターショーに行く方も立ち寄ってみてはいかがでしょう。

(文=サトータケシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る