ボルボ、新型ワゴンV60を発表

2010.07.06 自動車ニュース

ボルボ、新型ワゴン「V60」を発表

ボルボは2010年7月5日、新型ワゴン「V60」の概要を発表した。

「V60」は、その名が示すとおり、ボルボの「V70」と「V50」の間を埋める、ミドルクラスの新型ワゴンだ。

先に世に出たクロスオーバー「XC60」やセダン「S60」とともに、ボルボのなかで最もスポーティな“60シリーズ”を構成する――という説明のとおり、エクステリアは、スリムなルーフラインが自慢。リアのラゲッジスペース(430リッター)を確保しながら、可能な限りクーペらしいスタイリッシュなデザインとした。
プレスリリースには「従来のワゴンと争うものではない」との言葉も躍り、より広い荷室を必要とするユーザーには「V70」や「XC70」もある、とする割り切りようである。

ただし、「このクラスの“スポーツワゴン”を求めるドライバーは、デザインや走りに対して妥協がなく、大変な目利き」というのがボルボの見解で、「V60」では、インテリアの質を高めることや、安全装備の充実にも力が注がれたという。

シャシーは、欧州市場向けの「ダイナミック」と、欧州以外のやや道路事情が厳しい地域に向けて、サスペンションのダンパーやサブフレームをよりソフトな仕様とした「ツーリング」の2種類が用意される。
エンジンは、ガソリンが3リッター直6(304hp、44.9kgm)を筆頭に、2リッターと1.6リッターの直4が2種類ずつラインナップ。全て直噴ターボとなる。ディーゼルは2.4リッターと2リッターの直5、1.6リッターの直4が並ぶ。

安全面では、新開発の進角センサーを備えるアドバンスドスタビリティコントロールや、トラクションコントロールのほかに、「歩行者検知機能付きフルオートブレーキシステム」も用意。これは、すでにセダン「S60」にも採用されている先進安全技術で、レーザーセンサーとカメラを使って歩行者を検知、35km/h以下なら衝突が避けられるというものだ。

かような「ボルボV60」は、2010年秋に発売される予定。年間約5万台が本国スウェーデンで生産され、その90%以上は欧州市場に供給される見込みだという。

(webCG 関)

「ボルボV60」
「ボルボV60」
スポーティなデザインを主張する新型ワゴン「V60」。ヘッドランプからリアランプへとつながるショルダーラインが特徴的。
スポーティなデザインを主張する新型ワゴン「V60」。ヘッドランプからリアランプへとつながるショルダーラインが特徴的。
リアシートは、4:2:4の分割可倒式。もちろん、フルフラットにもできる。
リアシートは、4:2:4の分割可倒式。もちろん、フルフラットにもできる。
ボルボ、新型ワゴンV60を発表の画像

関連キーワード:
V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC HSE(D1... 2017.12.5 試乗記