メルセデス、CLに新世代V8ユニット搭載

2010.07.06 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「CL」に新設計直噴V8ユニットを搭載

独ダイムラーは、「メルセデス・ベンツCLクラス」に改良を施し、2010年7月2日に発表した。

メルセデス・ベンツの最上級クーペモデル「CLクラス」が、このたび本国で大幅な改良を受け、発表された。「Sクラス」と並び、メルセデス・ベンツ ブランドの最上級に位置づけられる「CLクラス」は、ステータスシンボルであると同時に、先端技術のショーケースの役割も担う。今回このラクシャリークーペに、メルセデスの誇る環境技術「ブルーエフィシェンシー」が採用された。

「ブルーエフィシェンシー」は、特定の技術を指すものではなく、パワートレインや周辺技術の高効率化、空力性能の向上やタイヤの転がり抵抗の低減など、燃費向上につながるさまざまなパーツを最適化し、CO2排出量の低減を図るパッケージである。今回これが「CLクラス」に採用されたことは、このクラスに求められる「高級」と「省燃費」の折り合いが付いたことを意味すると同時に、メルセデス・ベンツのダウンサイズコンセプトが、直4、V6に続き、V8でも具現したことの証ともなる。

「CL500ブルーエフィシェンシー」は、従来の「CL500」(日本では「CL550」)と比べ、排気量が5.5リッターから4.7リッターへとダウンしており、これにターボを組み合わせることで、トルクを増強。さらにスプレーガイデッド直噴システム「BlueDIRECTテクノロジー」、ピエゾ式インジェクター、アイドリングストップ機構の「ECO スタート/ストップ」などの採用により、燃費向上とCO2削減を図っている。

「CL500ブルーエフィシェンシー」のスペックは、最高出力435hp、最大トルク71.4kgm。従来モデルと比較すると、パワーが47hp、トルクは17.4kgm向上しているにもかかわらず、燃費は約23%アップとなる10.5km/リッターを達成。1km走行あたりのCO2排出量は288gから224gへと減少させた。

なお、V12ツインターボ搭載の「CL600」も、トップグレードとして健在。最高出力は517hpを発生し、0-100km/h加速を4.6秒でこなす。排ガス性能は、欧州の最新の排ガス基準「ユーロ5」をパスするレベルとなっている。

(webCG 曽宮)

【関連リンク】
メルセデスの最新エンジン技術を解説 (10.06.15):
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000022955.html


メルセデス、CLに新世代V8ユニット搭載の画像
今回の改良では同時にフェイスリフトが行われ、フロントグリル、ヘッドライト、バンパー、ボンネットフードなどが新しくなった。
今回の改良では同時にフェイスリフトが行われ、フロントグリル、ヘッドライト、バンパー、ボンネットフードなどが新しくなった。
装備は、対向車の存在を自動認識しヘッドライトのハイ・ローを自動で切り替える「アダプティブ ハイビーム アシスト」や、車線逸脱を未然に防ぐ「アクティブ レーン キーピング アシスト」などが採用された。
装備は、対向車の存在を自動認識しヘッドライトのハイ・ローを自動で切り替える「アダプティブ ハイビーム アシスト」や、車線逸脱を未然に防ぐ「アクティブ レーン キーピング アシスト」などが採用された。
リアコンビランプの意匠も変更された。
リアコンビランプの意匠も変更された。
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る