第149回:ユーロな「家電取説」に大矢アキオ埋没寸前!

2010.07.03 エッセイ

第149回:ユーロな「家電取説」に大矢アキオ埋没寸前!

増殖する「取説」

今回は取説、つまり「取扱説明書」のお話をしよう。
ボクは家電その他の取説を、ひとつの段ボール箱に放り込んでおく。だが最近その箱が満杯になって、ついにフタが閉まらなくなってしまった。整理を始めてみると、その原因がすぐに判明した。

近年ヨーロッパで販売されている家電やPC関係は、添付されている取説の量がやたらと多いのである。詳しく言うと、さまざまな国の言語で書かれた説明書がドサッと入っているのだ。

先日買ったフィリップス社製の家庭用ビデオトランスミッター(1台目のテレビの映像を電波で送信し、別の部屋のテレビに映し出すもの)は、その好例だ。製品に同梱(どうこん)されていた説明書は、なんと12カ国語分、12冊も入っていた。細かく記すと、伊、英、仏、西、独、露、蘭、ポルトガル、ポーランド、スウェーデン、チェコ、ギリシャの各語だ。

先月買ったソニー製ICレコーダー欧州仕様の取説もかなりのものだった。その「クイックスタートガイド」は4冊に集約されていたものの、見ると15カ国語分が収録されている。そして英語による詳細説明書と、欧州連合の定めるリサイクル方法が8カ国語で解説されたものも各1部付いてきた。加えて、以下はペラペラの紙だが、カスタマーサポート案内(英仏独西)1部、お客様登録の手引き(英仏独西伊)1部、保証規定(欧州22カ国語)も添付されていた。

いずれの製品も、購入直後に自分の読みたい言語の取説をさがすのにさえ、ちょっとした時間を要した。こんな具合だから、家中にある製品の取説を集めれば、箱が満杯になるわけだ。

「一言語の取説を選んで取っておいて、あとは捨てちゃえばいいじゃん」というご指南、ごもっともである。
しかし後日リサイクルショップに出したり、仏・独語圏の知人に譲るケースを考えると、やはりひととおり取っておきたい。
また、ボク自身がイタリア語で理解できないとき、英語で読んだらわかった、またその逆ということもよくある。したがって、ポイポイ捨てるばかりが能ではない。

日本語の説明文は? という疑問もあるだろう。だが、欧州で売られている家電の多くは、たとえ日本ブランドであっても、各種仕様が違うために日本語取説が付いていることはまずない。それでいて、最近は中国語説明文がしっかり付いていたりするのも事実だが。

ちなみに、それを克服する裏技としてボクがやっているのは、似たような日本仕様をメーカーサイトで探し、取説をダウンロードして参考にすることである。ただし、日本仕様というのは独自の高機能が付加されていることが多い。だから少し踏み込んだ操作になると役にたたないのがつらいところだ。

ちなみにEU加盟国は現在27カ国、公式言語の数は23言語に及ぶ。各国では、製品に自国語の説明書添付が義務づけられている。EU加盟国はさらに拡大される予定だから、添付される取説の量はこれからも増え続けていくだろう。

あふれ始めた「取説箱」。ホントはもっときれいに収納・管理すればいいのだが。
第149回:ユーロな「家電取説」に大矢アキオ埋没寸前!
ソニーICレコーダー欧州版の取説。ちなみにCDには、中韓を含む21カ国語の取説が入っているが日本語はない。
第149回:ユーロな「家電取説」に大矢アキオ埋没寸前!
フィリップス製ビデオトランスミッターの説明書と格闘する筆者。
第149回:ユーロな「家電取説」に大矢アキオ埋没寸前!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。