トヨタ、bBを一部改良

2010.07.02 自動車ニュース

トヨタ、「bB」を一部改良して発売

トヨタ自動車は2010年7月2日、箱形コンパクトワゴン「bB」に小変更を施し、発売した。

今回の改良では、内外装にそれぞれ新色が追加設定され、一部グレードにディスチャージヘッドランプが標準装備された。

ボディカラーには、ライトグリーンメタリックが、インテリアカラーには、オリーブドラブが追加設定された。さらに、エアロパーツでワイルドなイメージが演出された上級グレード「Z“Aero-Gパッケージ”」に、オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプが標準装備され、夜間の視認性向上が図られた。

価格はZ“Aero-Gパッケージ”のみ変更。従来モデルに比べFF車、4WD車ともに4万円高の、176万5000円と191万2000円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「トヨタbB」。ボディカラーは、新色のライトグリーンメタリック。
「トヨタbB」。ボディカラーは、新色のライトグリーンメタリック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

bBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る